【連載】

中小企業で使う『Google Apps』

16 Googleカレンダー編 Vol.2 - イベントの招待・出欠確認に活用する

16/26

会議の出欠確認もGoogleカレンダーで

オンラインアプリケーションの『Google Apps』における強力なスケジュール管理ツールが「Googleカレンダー」である。各自のカレンダーを共有することで、Googleカレンダーは個人だけでなくグループのスケジュール管理にも活用できる。さらに、会議や飲み会といったイベントをカレンダーに追加した際には、参加者に招待状を送って出欠を取りまとめることが可能。しかも、招待状を送れば、参加者のGoogleカレンダーにも予定が追加される。

そこで今回は、他のユーザーをイベントに招待し、出欠を取りまとめる方法を紹介する(図1)。また、カレンダーを共有する方法で、他のユーザーに招待してもらう以外のアプローチ、具体的には社内ユーザーのカレンダーや公開されているカレンダーを共有し、自分のGoogleカレンダーで閲覧できるようにする方法についても見ていこう。

図1 今回はイベントにゲストを招待する方法を中心として、スケジュール共有の応用について見ていこう

イベントに同僚を招待する

Googleカレンダーに追加したイベントに他のユーザーを「ゲスト」として招待するには、まずカレンダー上のイベントをクリックし、表示される吹き出しで「予定の詳細を編集」をクリックする(図2)。図3のようなイベントの詳細編集画面が表示される。画面右側にある「ゲスト」の箇所で「ゲストに追加」をクリックしよう(図4)。テキストボックスが表示されるので、ゲストのメールアドレスを入力し、その下のチェックボックスでゲストの権限を選択したら、左上の<保存>ボタンをクリックする(図5)。

図2 カレンダー上のイベントをクリックして、吹き出しの「予定の詳細を編集」をクリック

図3 イベントの詳細編集画面が表示される

図4 「ゲストを追加」をクリックしよう

図5 ゲストのメールアドレスを入力して<保存>ボタンをクリック

招待状を送信するかどうかを尋ねるダイアログが表示されるので、<送信>ボタンをクリックしよう(図6)。ゲストには図7のようなメールが送信され、イベントへの出欠の意思表示をGmail上で直接行うことが可能。その際、ゲストのGoogleカレンダーにもイベントが自動的に追加される(図8)。イベントの詳細編集画面を再び開けば、招待したゲストの出欠状況を確認できる(図9)。

図6 <はい>ボタンをクリックして、招待状を送信しよう

図7 このような招待状のメールが送信される。Gmailで開けば、クリックだけで出欠の意思表示ができる

図8 招待状を送るとゲストのカレンダーにもイベントが追加される(は、そのカレンダーを共有している場合)

図9 イベントの詳細編集画面でゲストの出欠を確認できる

なお、イベントの日時を決める際には、詳細編集画面で「ゲストの予定と施設の空き情報を確認」をクリックするのが便利だ(図10)。ゲストのカレンダーを共有している場合は、自分やゲストのスケジュールを確認しながらイベントの日時を決定できる(図11)。

図10 「ゲストの予定と施設の空き情報を確認」をクリック

図11 カレンダーを共有している場合、スケジュールを見ながら日時を設定できる

同僚のカレンダーを自分から追加

Googleカレンダーの基礎のキソ(第3回)」では、招待してもらうことで同僚のカレンダーを共有したが、別の方法でもカレンダーを共有することが可能である。「カレンダー設定」画面を開き、<カレンダー>タブを選択すると、図12のような画面になる。ここで「共有:設定を編集」をクリックして、共有を設定する画面を表示する(図13)。この画面で「このカレンダーをドメイン"社名"のすべてのユーザーと共有する」というチェックボックスが用意されているのが、Google AppsにおけるGoogleカレンダーの特徴である(図14)。

図12 「カレンダー設定」画面で「共有:設定を編集」をクリックしよう

図13 共有を設定する画面が表示される

図14 ここにチェックが入っていると、社内の誰もが共有できる。このようなカレンダーを共有してみよう

ここにチェックが入っているカレンダーであれば、招待を経ずにカレンダーを共有して、スケジュールを閲覧できる。まず、Googleカレンダーの左側の「他のカレンダー」の箇所で「追加」をクリックし、表示されるメニューで<友だちのカレンダーを追加>を選択しよう(15)。図16のような画面が表示されるので、スケジュールを閲覧したい同僚のメールアドレスを入力したら、<追加>ボタンをクリックする。画面左側の「他のカレンダー」に同僚のカレンダーが追加され、自分のカレンダーで同僚のスケジュールを閲覧できる(図17)。なお、Google Appsの管理者がこの方法でカレンダーを共有すると、「他のカレンダー」ではなく「マイカレンダー」に同僚のカレンダーが追加される。

図15 「他のカレンダー」の「追加」をクリックして、メニューの<友だちのカレンダーを追加>を選択する

図16 メールアドレスを入力して<追加>ボタンをクリック

図17 「他のカレンダー」にカレンダーが追加される。これでスケジュールを閲覧できるようになった

また、社内での共有を有効にしていないユーザーや社外のユーザーのカレンダーを追加しようとすると、図18のようなリクエストを送信する画面が表示される。リクエストが承認され次第、カレンダーが追加され、スケジュールを閲覧できる。

図18 社内での共有を有効にしていない場合は、リクエストを送信する画面になる

公開カレンダーを追加する

Googleカレンダーでは、同僚や友人のカレンダーを共有するのと同様に、公開されているカレンダーを共有して閲覧することが可能。カレンダーの左側の「他のカレンダー」の個所で「追加」をクリックし、メニューから<公開カレンダーを追加>を選択しよう(図19)。Googleカレンダーに追加可能な公開カレンダーの一覧が表示される(図20)。各カレンダーの右側にある<カレンダーを追加>ボタンをクリックすれば(図21)、カレンダーが追加される(図22)。

図19 「追加」をクリックしてメニューの<公開カレンダーを追加>を選択しよう

図20 追加可能な公開カレンダーの一覧が表示される

図21 追加したいカレンダーの<カレンダーを追加>ボタンをクリック

図22 カレンダーが追加され、予定が閲覧できるようになった

その他にも、「他のカレンダー」で「追加」をクリックした際に表示されるメニューで<URLで追加>を選択すると、図23のような画面が表示される。Webサイトなどで公開されているGoogleカレンダーのURLを入力して<追加>ボタンをクリックすれば、そのカレンダーを自分のカレンダーに追加して、閲覧することが可能だ。

図23 URLが公開されているカレンダーを追加することも可能だ

著者プロフィール・小山文彦

株式会社ゴーガ代表取締役。ウェブ技術とデータ分析を切り口に、多様な企業向けサービスを展開。クラウドとガジェットを生かしたGoogle Appsの潜在的な可能性に注目し、SaaSプラットフォームの最右翼と期待する。Google Apps Authorized Resellerとして、啓蒙活動と関連ソフトウェア開発に力を入れている。

16/26

インデックス

連載目次
第26回 Googleドキュメント編 Vol.3 - 「目次」や「表」を挿入してみる
第25回 Googleカレンダー編 Vol.3 - Gmailと一緒に使いたい「ToDoリスト」
第24回 Gmail編 Vol.3 - 他ソフトから「連絡先」にアドレス帳をインポート
第23回 オフラインでGoogle Appsを使うには? 『Gears』を導入する
第22回 Googleトーク編 Vol.2 - 音声&ビデオチャットを使えるようにしよう
第21回 Googleサイト編 Vol.2 - 自社ロゴを入れる&スタートページを作る
第20回 Googleフォーム編 Vol.2 - 埋め込みアンケートと集計データの公開方法
第19回 Googleプレゼンテーション編 Vol.2 - スピーカーノートと資料の"味付け方"
第18回 Googleスプレッドシート編 Vol.2 - グラフ・関数を使ってみる
第17回 Googleドキュメント編 Vol.2 - テンプレートと図形の活用
第16回 Googleカレンダー編 Vol.2 - イベントの招待・出欠確認に活用する
第15回 Gmail編 Vol.2 - 他のメールアカウントで送受信するための応用設定
第14回 「Google Labs」アプリを追加してみる - Solutions Marketplace
第13回 グーグルフォンで「Google Apps」を使う
第12回 iPhoneで「Googla Apps」を使う - 標準アプリ活用・同期編
第11回 iPhoneで「Google Apps」を使う - 基本編
第10回 携帯電話で「Google Apps」を使う
第9回 Googleトーク編 Vol.1 - 基礎のキソ
第8回 Googleサイト編 Vol.1 - 基礎のキソ
第7回 Googleフォーム編 Vol.1 - 基礎のキソ
第6回 Googleプレゼンテーション編 Vol.1 - 基礎のキソ
第5回 Googleスプレッドシート編 Vol.1 - 基礎のキソ
第4回 Googleドキュメント編 Vol.1 - 基礎のキソ
第3回 Googleカレンダー編 Vol.1 - 基礎のキソ
第2回 Gmail編 Vol.1 - 基礎のキソ
第1回 「Google Apps Premier Edition」に登録しよう

もっと見る

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報