未来館、生きものの知恵や技術を体験できる企画展の内容を公開

日本科学未来館は9月1日、同館で、2017年11月29日~2018年4月8日(午前10時~午後5時)に開催する、企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」の展示内容を発表した。

企画展「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」のイメージ映像

同展は、講談社の映像DVD、「動く図鑑MOVE」との連動により同DVDのコンテンツや世界観をベースとした、体験型の展示を通して、生きものの知恵や技術を楽しみながら学び、「生物多様性」や「他者理解」の学習を目指すものを予定している。

展示会場は、「ワンダー・ジャングル」、「ミラクル・サバンナ」、「スモール・ガーデン」、「サバイバル・オーシャン」の4つのテーマから構成されている。ダンゴムシが生息する小さな世界から、熱帯雨林、サバンナ、海などさまざまな環境に適応する生きものたちのワザや不思議な生態を学ぶことができるとしている。

なお、会場は同館1階で行われる企画展示ゾーンで予定されている。現在、前売り券が、大人(19歳以上)1700円、中人(小学生~18歳) 1100円、小人(4歳~小学生未満)800円、シニア(65歳以上)1500円で販売中で、企画展だけでなく、常設展も合わせて見ることができる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事