VMwareとPivotalが「Pivotal Container Service」発表-Google Cloudと協業

米VMwareとPivotal Softwareは8月29日(現地時間)、米国で開催中の「VMworld 2017」でGoogle Cloudと協業し、「Pivotal Container Service(PKS)」を発表した。PKSは、Google Container Engine(GKE)とコンスタント互換するVMware vSphereおよびGoogle Cloud Platform(GCP)上で本番運用を目的としたKubernetesを活用できるようにする新製品となる。

両社はエンタープライズITでのノウハウを基に、オープンソース・ソフトウェア開発プロジェクトのKuboの商用版となるPKSを投入し、Kubernetesの利用を支援する。PKSは、運用チームが求める堅牢かつ保全性の高いコンテナプラットフォームを実現する一方、開発チームが期待するプライベート/パブリッククラウドでの本番運用を目的とした高可用性、セキュリティ、マルチテナント性を備えた環境へのオンデマンドでのアクセスも可能にするとしている。

PivotalとGoogle Cloudは昨年11月にパートナシップを結び、Pivotal Cloud Foundryで活用されてきたマルチクラウド導入支援機能(BOSH)をKubernetesクラスタで利用できるようにする共同エンジニアリングの取り組みを発表。この取り組みを通じて、クラウド環境を問わず展開できる可用性の高いKubernetesクラスタのインスタンス生成と展開、管理を同一の手法で行えるようになるという。

企業と開発者がコンテナを共通の基準のもと管理する傾向にあることを受け、VMwareはPivotalとGoogle Cloudと協力するとともに、研究開発にリソースを投入し、Kuboの開発とKubo上でKubernetesの即用性を向上させるソリューションの構築を共同で取り組む方針だ。

PKSの初版は、BOSHやVMware NSX、あるいはGCPサービスとPKSアプリケーションの統合を容易に行えるようにする共同開発のOpen Services Broker APIバージョンと、Kubernetesとの連携を特徴としている。

また、PKSはNSXによるコンテナネットワークインタフェース(CNI)互換サービスなどのクロスクラウドに対応したセキュリティ/ネットワーク接続機能も備える。PKSは、VMware vSphereにシームレスに統合でき、VMwareのSDDCで統一されたインフラで顧客がコンテナや、仮想マシン(VM)を利用できるようにするという。

さらに、PKSが最新版のKubernetesに常に採用されるとともに、Google SRE(サイト信頼性エンジニアリング)を通じてGoogle Container Engine(GKE)との間でコンスタント互換が確保されている。PKSとGKEとのコンスタント互換により、安全性と一貫性が確保された環境で最新のコンテナネイティブのイノベーションをユーザに提供できるようになる。

PKSを利用する顧客は、VMwareのインフラや管理製品との緊密な統合により、VMware vSANやvSphere、VMware vRealize Automation、VMware vCloud Director、VMware vRealize Operations、Wavefront by VMwareなどの利用を可能としている。

加えて、共同開発と管理が共同で進められるOpen Services Broker APIを実装しているためGKEとの互換性が図られており、PKSのユーザーはBigQueryやSpanner、Machine Learningなど、GCP のサービスを容易にアプリケーションに統合できるほか、PKSとGKS 間でのアプリケーションの移植を迅速、かつ容易に行えるという。

新製品は企業やサービスプロバイダ向けに2017年第4四半期の提供を開始し、Pivotal Cloud Foundry(PCF)とVMwareのSoftware-Defined Data Center(SDDC)インフラに統合できるスタンドアロン製品として出荷を予定している。直販に加え、各社の販売チャネルやVMware Cloud Providerパートナを通じて販売するほか、Dell EMCのVxRail AppliancesならびにVxRack Systemsに実装される予定だ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事