米Intel、21日に「第8世代Coreプロセッサー」製品発表、Facebook Liveで

米Intelが8月21日 (米国時間)に第8世代「Intel Core」プロセッサーを発表する。PDT (太平洋夏時間)の21日午前8時 (日本時間22日午前0時)からFacebook Liveで発表イベントのライブ配信を行う。

8月21日は北米で皆既日食が観察される日であり、Intelは「2つのエキサイティングな瞬間を重ねた」としている。AMDのRyzenの台頭でIntelは製品戦略を見直しており、2017年のホリデーシーズンに間に合うタイミングで同社がどのように第8世代Core iファミリーを投入するか注目される。プレスリリースにある下記の「(イベントの配信を)視聴すべき8つの理由」では仮想現実 (VR)を見据えたパフォーマンスをアピールする一方で、「The 8th Generation is coming」というキャッチコピーを付けたイラストにはモバイルノートブックが描かれている。14nmプロセスになるであろう第8世代Coreを「Kaby Lake Refresh」と呼ぶ声もあるが、新しい世代にふさわしい大きな変化が期待できそうだ。

  1. 第8世代Intel Coreプロセッサー・ファミリーが提供する驚くほど高速なパフォーマンス。
  2. 最新のプロセッサファミリーの詳細、ユーザーにもたらす変化などをClient Computing Groupのシニアバイスプレジントが直接説明。
  3. 観客を参加者に変える没入型の体験、それを実現する第8世代Intel Coreプロセッサーの機能を知る。
  4. VRクリエイターやイメージングテクノロジストの手で命が吹き込まれる第8世代Intel Coreテクノロジーのパワーを言葉ではなく目で確認。
  5. 第8世代Intel Coreプロセッサーを採用したシステムデザインのスニークピーク。
  6. 今年のホリデーシーズンに第8世代Intel Coreプロセッサー搭載デバイスを購入するための計画作り。
  7. 北米大陸横断皆既日食を見逃す心配無用、日食を考慮したイベントスケジュール。
  8. 今日そしてこれからを見据えた第8世代Intel Coreプロセッサーのデザインを知る。
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事