DHL、米国の製品倉庫にて協働ロボットによる出荷業務での実証実験を開始

DHLサプライチェーンは、米国・テネシー州のライフサイエンス製品を取り扱う倉庫において、出荷時の庫内ピッキング作業を支援する自律型協働ロボット「ローカスボット(LocusBots)」(ローカス・ロボティクス製)を活用した、2ヶ月間の実証実験を開始することを発表した。

ローカスボットは、倉庫のスタッフと協力して安全に作業し、ピッキングする製品すばやく見つけて移送する(出所:DHL Webサイト)

同ロボットは、庫内作業員の隣を安全に走行しながらピッキングする場所を迅速に特定し、作業員がピッキングした製品を運搬するという。これにより、作業員はカートを手で押したり、カゴを運んだりする必要がなくなるという。

この実証実験ではさまざまなピッキング方法を試し、ロボットの作業員および倉庫管理システムとの連携、移動性能、汎用性を確認するという。同ロボットのソリューションは、DHLサプライチェーンの既存倉庫のインフラとシームレスに統合される予定とのことだ。

なお、DHLサプライチェーン 北米 ソリューションデザイン担当バイスプレジデントであるエイドリアン・クマール氏は、以下のように述べている。「お客様のサプライチェーンをシームレスに改善する上で、こうした先進技術を用いたソリューションを発掘し、倉庫現場に導入することは重要だと考えています。今回は、まずライフサイエンス部門で実証実験を行いますが、成功すれば他の事業にも幅広く展開できる可能性を秘めています。本ロボティクス・プログラムは、当社の導入ステップに則って進めています」。

また、ローカス・ロボティクス社のCEO、リック・フォーク氏は「多様な倉庫環境において当社の製品価値をこのような形で証明できるのは非常に喜ばしいことです。当社では、中小企業からグローバル企業まで様々な企業の業務改善を支援すべく、導入し易く、拡張性の高いソリューションを構築してきました。今回、DHLサプライチェーンとともに実証実験を実施できることを楽しみにしています」と述べている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事