トヨタら、風力発電で製造した水素を燃料電池フォークリフトで使う実証開始

 

神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車は3月14日、風力発電により製造したCO2フリー水素を燃料電池フォークリフトへ供給する実証を開始したと発表した。

6者は2015年9月より、京浜臨海部における再生可能エネルギーを活用した水素サプライチェーンモデルの構築を図る実証プロジェクトの内容について検討を進めていた。

同実証プロジェクトでは、横浜市風力発電所(ハマウィング)敷地内に、風力発電により水を電気分解して水素を製造し、貯蔵・圧縮するシステムを整備する。さらに、この水素を、横浜市内および川崎市内の青果市場や工場・倉庫等に簡易水素充填車で輸送。現場の燃料電池フォークリフトで使用するといったサプライチェーンの構築を目指す。試算によると、同サプライチェーンを構築することで、電動フォークリフトやガソリンフォークリフト利用時のサプライチェーンと比べて、80%以上のCO2削減が可能になるとという。

今後は、2016年秋ごろから燃料電池フォークリフトを2施設に1台ずつ導入し、簡易水素充填車による水素デリバリーシステムを稼働させ、試験的運用を開始。2017年度から、燃料電池フォークリフトを4施設に3台ずつ導入し、水素製造、貯蔵・圧縮等のすべてのシステムを稼働させ、本格運用を開始する予定となっている。

同実証プロジェクトにおけるサプライチェーン



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電