東芝、「変なホテル」の自立型水素エネルギー供給システムを運転開始

 

東芝は3月14日、長崎県佐世保市ハウステンボス町にある宿泊施設「変なホテル」第2期棟に納入したCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が完成し、同日に運転開始したことを発表した。同社にとって同システムの受注は今回が初となる。

同システムは、太陽光発電、蓄電池、水素製造装置、水素吸蔵合金タンク、純水素燃料電池により構成されており、日照時間が長い夏季に太陽光で発電した電気の余剰電力を利用して、水素製造装置で水を電気分解し、製造した水素をタンクに貯蔵。冬季には、貯蔵した水素を利用し、純水素燃料電池で発電することにより、水と太陽光発電のみで年間を通じてホテル1棟12室分の電力を供給することができるというもの。

水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を用いたタンクを採用しており、従来のタンクサイズと比較して1/10まで小型化した貯蔵タンクによりシステムの省スペース化を実現している。

自立型水素エネルギー供給システム「H2One」のイメージ

「H2One」システムの構成図



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 第1回 文字とは、書体とは、フォントとは
[08:00 10/1] 企業IT
松本人志『ワイドナショー』原点語る「たたかれた芸能人をフォローできる番組に」
[08:00 10/1] エンタメ
コントロールセンターを表示すると微妙に振動します!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
部屋中の家電をこれ1台で操作 - ソニーの「HUIS」は"育てる"リモコンだった
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
鉄道トリビア 第373回 2つの列車の運転士が同じ名前という理由で起きた大事故がある
[07:50 10/1] ホビー