東芝、「変なホテル」の自立型水素エネルギー供給システムを運転開始

周藤瞳美  [2016/03/14]

東芝は3月14日、長崎県佐世保市ハウステンボス町にある宿泊施設「変なホテル」第2期棟に納入したCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が完成し、同日に運転開始したことを発表した。同社にとって同システムの受注は今回が初となる。

同システムは、太陽光発電、蓄電池、水素製造装置、水素吸蔵合金タンク、純水素燃料電池により構成されており、日照時間が長い夏季に太陽光で発電した電気の余剰電力を利用して、水素製造装置で水を電気分解し、製造した水素をタンクに貯蔵。冬季には、貯蔵した水素を利用し、純水素燃料電池で発電することにより、水と太陽光発電のみで年間を通じてホテル1棟12室分の電力を供給することができるというもの。

水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を用いたタンクを採用しており、従来のタンクサイズと比較して1/10まで小型化した貯蔵タンクによりシステムの省スペース化を実現している。

自立型水素エネルギー供給システム「H2One」のイメージ

「H2One」システムの構成図



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】軍事とIT 第141回 X-2と将来戦闘機(7)データリンク
[11:00 5/28] 企業IT
焼肉のタレ派VSしお派。回答1,000人のうち7割以上が好む味は!?
[11:00 5/28] 趣味
舞台「インフェルノ」植田圭輔&平野良のビジュアル解禁、山内圭輔も出演
[10:00 5/28] ホビー
【ハウツー】メモ・ノートとして使える「ページ」の入力方法とは- イチからはじめるOneNote
[10:00 5/28] 携帯
[関根勤]「まさか自分が…」 心臓の緊急手術を振り返る
[09:26 5/28] エンタメ

特別企画 PR