凸版印刷、白黒赤の表示が可能なフレキシブル電子ペーパーを開発

 

凸版印刷は3月8日、白黒赤の3色に表示切替が可能で、店頭の売価表示などに対応可能なフレキシブル電子ペーパーディスプレイを開発したと発表した。

同製品は、表示部分にE Inkの3粒子系電気泳動型カラー電子ペーパー「Spectra」を採用することで、従来の白黒表示に加え、赤色の表示も可能とした。また、フレキシブル薄膜トランジスタ技術の活用により、軽量で薄く、曲げることが可能だという。

表示部のサイズは約145.86mm×約15.26mmであり、スーパーやドラッグストアなどの店頭売価表示向け、レール型電子棚札への適用などを想定しているとのことで、2018年度の実用化を目指すとしている。また、今後もプリンテッドエレクトロニクス技術の研究を進め、さまざまな分野へ向けたフレキシブル電子ペーパーの製品開発を進めていくとしている。

凸版印刷が開発した白黒赤表示可能なフレキシブル電子ペーパーディスプレイ (出典:凸版印刷Webサイト)



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】六畳一間 第4回 ゴリ沢 その1
[06:00 6/27] ライフスタイル
西田敏行『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦!演じるクマは「ほぼ俺」
[05:47 6/27] エンタメ
相鉄いずみ野線、南万騎が原駅周辺地域の住民満足度は - 相鉄不動産が調査
[05:33 6/27] ホビー
西武鉄道・新宿プリンスホテル、電車好き子供と家族の限定宿泊プラン発売へ
[05:23 6/27] ホビー
小田急ロマンスカーで行く婚活ツアー10/22開催 - 海老名駅から乗車し箱根へ
[05:15 6/27] ホビー