JAXA、X線天文衛星「ひとみ(ASTRO-H」の正常動作を確認

神山翔  [2016/02/29]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2月29日、2月17日にH-IIAロケットで打ち上げたX線天文衛星「ひとみ(ASTRO-H)」について、冷却システムの立上げ、軟X線分光検出器(SXS)の試験動作、伸展式光学ベンチ(EOB)の伸展など、重要なシーケンスが正常に実施されたことを確認したと発表した。

同衛星はこれでクリティカル運用期間を終了。今後、搭載機器の初期機能確認を約1カ月半、その後キャリブレーション観測をさらに約1カ月半かけて実施する予定となっている。

「ひとみ」は2015年に科学観測を終了したX線天文衛星「すざく(ASTRO-EII)」の後継機。すざくに比べて観測能力が大幅に向上しており、ブラックホールの観測などを行う。名前は「ひとみ」(ASTRO-H)が「熱い宇宙の中を観るひとみ」であることや、画竜点睛の故事などが由来となっている。

「ひとみ(ASTRO-H)」(2015年12月撮影)

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第37回 身近な病気の情報を凝縮した「【新赤本】家庭の医学」
[11:00 5/29] 企業IT
ジャスティン・ビーバー、女優ニコラ・ペルツと交際中?
[11:00 5/29] エンタメ
中高年女性が住みたい街、「吉祥寺」は3位に - 1位はあの街
[11:00 5/29] ライフスタイル
田中みな実、西川史子代役で『サンジャポ』出演「緊張してます」
[10:49 5/29] エンタメ
黒榮ゆい描くヤクザの鉄砲玉&天使のバディもの、ARIAで開幕!あんスタ付録も
[10:21 5/29] ホビー

特別企画 PR