最も平均年収が高いプログラミング言語は?

ビズリーチはこのほど、同社が運営する求人検索エンジン「スタンバイ」において、「プログラミング言語別 平均年収ランキング」を発表した。同ランキングは、スタンバイに掲載されている正社員の情報のうち、各プログラミング言語が含まれる求人情報の給与金額の平均値を集計したもの。

同ランキングにおいて、トップとなったのは「Python」で651万円だった。Pythonは機械学習用の定番ライブラリが豊富なため、機械学習エンジニア」や「ロボット向けアプリケーション開発」といった求人が多く見受けられたという。海外に比べて日本では人気がなかったPythonだが、第3次AI(人工知能)ブームを受け、需要が高まっているとしている。

第2位は「Perl」で633万円だった。正規表現などの強力なテキスト処理が可能な「Perl」はWebのフロントエンドからサーバサイドまで幅広く求人があり、安定した地位を築いているという。

第3位以降は、上から順に「Ruby」(606万円)、「C言語」(597万円)、Javascript」(555万円)となっている。

「プログラミング言語別 平均年収ランキング」 資料:スタンバイ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事