Maxim、産業機器搭載センサの開発を容易化するIO-LINKトランシーバを発表

 

Maxim Integratedは2月22日(米国時間)、産業機器の設計者向けに、小型パッケージで発熱を抑えたIO-Linkデュアルチャネルトランシーバ「MAX14827」を開発したと発表した。

同製品は、2.5Ω(typ)のオン抵抗(Ron)により、消費電力を従来品比で50%以上削減することに成功しているほか、WLPパッケージの採用により、従来品比で60%のスペース削減も実現。また、65V Abs Maxのロバスト性や、ダウンタイムを低減するためのアクティブ逆極性保護を備えた2つの低電力ドライバを備えるなど、産業用センサで求められる保護機能も搭載している。

さらに、SPIやUARTインタフェースの活用によるマイコンとの接続が可能で、低ノイズのアナログ/ロジック供給レールのためにオンボードで3.3Vおよび5Vのリニアレギュレータも内蔵しているという。

なお、同製品はWLPパッケージのほか、TQFNパッケージでも提供されており、単価は1000個以上注文時で3.35ドル(米国での参考価格)としている。また、すでに同社Webサイトなどから評価キットを購入することも可能となっている。

MAX14827の評価キット「MAX14827EVKIT#」。同社Webサイトのほか、Digi-Keyなどで購入が可能。Digi-Keyでの価格は1万3683円(2016年2月23日時点)

MAX14827のファンクションダイアグラム



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ
TVアニメ『双星の陰陽師』第25話のあらすじ&先行場面カット公開
[00:00 9/28] ホビー
「三者三葉」アニメ公式ガイド、キャストのグラビアインタビューや設定資料も
[23:31 9/27] ホビー
「この美術部には問題がある!」7巻は女装回や水着回を収録、書店特典も
[23:28 9/27] ホビー
LINEトークに浪漫の嵐!「サクラ大戦」20周年記念スタンプ
[23:23 9/27] ホビー