ZMP、センチオーダーの位置計測が可能なシステムの最新ソフトウェアを発売

 

ZMPは2月3日、センチオーダーの位置計測が可能な高精度位置計測システム「RTK Position-Z」の最新ソフトウェアをリリースしたと発表した。

同システムは、フィールド内に固定する基準局と、車両などに搭載する移動局、アンテナや補正信号送受信機、およびビューワアプリケーションなどのソフトウェアがセットとなっているもので、GPSとGLONASSに対応し、RTK(リアルタイムキネマティック)によりセンチオーダーの位置計測が可能。

今回リリースされた最新版のソフトウェアでは、衛星の捕捉状況に加えて無線(Zigbee)によるRTK補正データの取得状況をリアルタイムで表示できるようになり、計測環境の調査・構築がスムーズに進められるようになった。また、計測データを地図上へ重畳表示させることが可能となり、三次元表示を行うビューワも付属する。RTKのための補正データは、無線(Zigbee)による配信と、新たにAndroid端末を利用したインターネット経由での配信にも対応した。

価格は、基準局・移動局セットが210万円(税別)から、追加移動局セットが110万円(税別)となっている。

システム構成

ビューワ画面



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

欅坂46、私立恵比寿中学が初参戦!「めざましライブ」第2弾アーティスト14組
[08:00 7/1] エンタメ
【ハウツー】Podcastってオワコンですか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 7/1] 家電
空知英秋『銀魂』実写映画化を許可「コケてもいいから見てみたい」
[07:03 7/1] エンタメ
[銀魂]小栗旬主演で実写映画化 脚本&監督は福田雄一
[07:00 7/1] エンタメ
小栗旬、映画『銀魂』主人公に! 『変態仮面』福田監督がメガホン取り実写化
[07:00 7/1] エンタメ