フィッシングサイトの多くは金融機関のなりすまし、今後も続く可能性アリ

フィッシング対策協議会は2月2日、1月のフィッシング統計を発表した。

協議会によると、1月のフィッシング報告件数は2015年12月より1064件減少し、1476件となった。一方でフィッシングサイトのURL件数(重複なし)は、12月より19件増加の297件となった。

フィッシング報告件数

フィッシングサイトのURL件数

悪用されたブランド件数は12月より3件増加の20件で、前月と同様に金融機関を騙るフィッシングサイト(87%)が多く確認されている。なお、2月に入ってもこの傾向は続いており、引き続き注意するように呼びかけている。なお、金融機関以外では、オンラインゲームや通信事業者を騙るフィッシング報告があったという。

悪用されたブランド件数(いずれも出典はフィッシング対策協議会)

直近で注意喚起があったフィッシング詐欺例

Amazonのフィッシングサイトが公開中、JPCERT/CCが注意喚起

りそな銀行のフィッシングメールが出回る、JPCERT/CCが注意喚起

三井住友銀行のフィッシングメールが出回る、JPCERT/CCが注意喚起

じぶん銀行のフィッシングメールが出回る、JPCERT/CCが注意喚起

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事