NDES、独EOS社製金属3Dプリンタ「EOS M100」の販売を4月より開始

NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)は1月25日、独EOS社製の金属3Dプリンタ「EOS M 100」の販売を4月より開始すると発表した。

「EOS M 100」は金属粉末積層造形システムとして実績のある「EOS M 290」と同等の造形品質を維持しており、使用するレーザビーム径が40μmと小さいため、複雑かつ精密な部品の製造が可能となっている。

造形サイズは直径100mm×95mm(build platform含む)で、カートリッジ式材料容器の採用により簡単かつ迅速なセットアップが可能なほか、専用ソフトウェアによる効率的な造形が実現している。

本体価格は3500万円~で、同社は初年度10台以上の受注を目標としている。

「EOS M 100」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事