武田薬品、米企業と共同で神経再生成長因子を脳の罹患部位に送る研究

 

武田薬品工業(武田薬品)は1月8日、米NsGeneとパーキンソン病の治療法となり得るカプセル化細胞治療薬の共同研究契約を締結したと発表した。契約内容の詳細は開示されていない。

今後両社は、埋込み型・カプセル化細胞治療デバイスを用いて遺伝子組み換え型グリア細胞株由来神経栄養因子を脳の罹患部位へ送達できるよう研究を進める。

グリア細胞株由来神経栄養因子は、パーキンソン病に対する治療効果が期待できる神経再生成長因子として注目されているが、脳の罹患部位に同因子を送達させることが課題となっている。これに対し、同共同研究では、外科的に移植したデバイスに充填された遺伝子組換え細胞からグリア細胞株由来神経栄養因子を標的部位で直接放出し、神経細胞の生存と再生を促進する治療の可能性を探る。

研究で用いられるNsGeneのデバイスには、免疫遮断性のカプセルに遺伝子組換え細胞が充填されており、治療レベルの生理活性物質を、移植後長期間にわたり産生し続けることが出来る。グリア細胞株由来神経栄養因子は、損傷した神経細胞に直接長期間作用すると、軸索の伸長を促進し、ドーパミン神経細胞を保護することが前臨床試験において示されているため、デバイスを用いることで有効な治療効果が得られることが期待される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー
ラックとアイビーシーが「Dynatrace」で協業、統合性能管理実現に向け連携
[17:23 9/27] 企業IT
PwCあらた、クラウドリスク管理向けログモニタリング活用支援サービス
[17:22 9/27] 企業IT