ブラザー、建築業界での使用を想定した業務用HMDのタフコンセプトモデル

ブラザー工業(ブラザー)は1月7日、業務用ヘッドマウントディスプレイ「AiRScouter」のタフコンセプトモデルを開発したと発表した。

同社は2015年7月に「AiRScouter WD-200A」を発売、同製品は画像の見やすさや自然な装着感といった特長を持ち、製造業における組立作業支援などさまざまな業務に活用されている。

今回発表されたコンセプトモデルは、建設業界など堅牢性が求められる場面や、水分やホコリが多い屋内外での活用を想定し、円筒構造による耐衝撃性の強化が図られているほか、防塵防水構造(防塵防水性能 IP65相当)により、使用後の水洗いが可能となった。また、画面の位置を操作するフレキシブルアームやピント調整用のダイヤルをグローブや手袋を装着したままでも操作しやすい形状に変更し、コントロールボックスのボタンも押しやすい大きさとした。さらに、ヘルメットへの装着、眼鏡やゴーグルの上からの仕様にも対応している。

水洗いも可能

ピント調節ダイヤル

ヘルメットへの装着にも対応

同コンセプトモデルは1月13日~15日まで東京ビッグサイトで開催される「第2回 ウェアラブルEXPO」に参考出品される予定。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事