トヨタ、高精度地図を自動生成するシステムを開発 - 自動運転の実現に前進

 

トヨタ自動車(トヨタ)は12月22日、市販車に搭載しているカメラやGPSを活用して、自動運転の走行に必要となる高精度地図を自動的に生成する「地図自動生成システム」を開発したと発表した。同システムは1月6日~9日に米ネバダ州ラスベガスで開催される「2016 International CES」で披露される。

「地図自動生成システム」は、豊田中央研究所が開発した空間情報の自動生成技術「COSMIC」を採用し、車両から収集した画像データとGPS信号から高精度地図データを生成する。走行軌跡を高精度に推定する技術と、複数車両から収集した路面画像データを統合・補正する技術により、車載カメラとGPSデータの誤差を解消する(直線路の場合で誤差5cm以内)。また、情報収集に市販車両や既存インフラを活用することで、リアルタイムにデータ更新が可能で、かつ安価なシステム構築も可能となるという。

同システムは、同社が2020年頃に実用化を目指し開発中の自動車専用道路での自動運転で必要となる要素技術の1つであり、将来的には一般道や道路上の障害物への対応など、機能を拡張していく。また、高精度地図データの公共・民間サービスへの活用も視野に、地図メーカーとの連携強化も進めていく。

地図自動生成システム

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[福山雅治]「SCOOP!」主演ロングインタビュー(上) 中年パパラッチ役での意外な悩みとは?
[19:15 10/1] エンタメ
TVアニメ『ALL OUT!!』、10月放送開始! 第1話のあらすじ&場面カット公開
[19:00 10/1] ホビー
[永井豪]西内まりやを「いやらしい目で」? 新キューティーハニーに「正解」と絶賛
[18:19 10/1] エンタメ
[西内まりや]ゼブラ柄ジャケット×ミニスカで下着見せ 石田二コルはシースルードレスで
[18:07 10/1] エンタメ
[Thunderbolt Fantasy]続編が制作決定 虚淵玄が総監修の人形劇
[17:55 10/1] ホビー