JAMSTECなど、オオミズナギドリと内航貨物船で海流を予測

 

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は12月3日、オオミズナギドリの位置情報と内航貨物船の航行記録を利用することによって海流予測の制度が向上することを示したと発表した。

同成果は、JAMSTECプリケーションラボの宮澤泰正グループリーダーら、名古屋大学、東京大学大気海洋研究所、海上技術安全研究所の研究グループによるもので、12月3日付けの英科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

オオミズナギドリ

今回の研究では、JAMSTECで開発・運用している海流予測モデル「JCOPE2」を利用。JCOPE2では、海流分布の海洋観測データを主に人工衛星から取得していたが、今回オオミズナギドリのGPSログに記録された海上休息位置の変動データおよび内航貨物船の航行データをこれに同化した。

この結果、海洋生物や内航貨物船から取得できるデータと海流モデルを連携することによって、海流分布の海洋観測データが劇的に強化される可能性が示唆されたという。特に内航貨物船から取得するデータによるデータ同化で海流予測の精度が向上することは、その結果が内航貨物船の効率的な運航にフィードバックされるという仕組みが機能するようになるため、持続可能な高密度の海流観測網の出現が期待できる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

竹内結子、藤野涼子に見下され「命令されるのって気持ちがいい」
[11:00 6/29] エンタメ
【レポート】アメリカ人に珠玉の酒を“おごる”!? クラウドファンディングで日本酒の魅力を世界に広げる
[11:00 6/29] 経営・ビジネス
【インタビュー】今、日本の中堅企業が抱える人材管理の課題、その解決策とは?
[11:00 6/29] 企業IT
【レポート】安井謙太郎はなんでもできる"儲けもん"! 無邪気なオカルト好きがはまり役となった要因は? - 監督は語る
[11:00 6/29] エンタメ
【レポート】妊婦必見! 簡単な脳貧血の予防・治療法を知って有事に備える
[11:00 6/29] ヘルスケア