ネットワン、ビッグデータと機械学習により感染端末を自動検知する製品

  [2015/10/30]

ネットワンシステムズは10月29日、米Damballaと販売代理店契約を締結し、標的型攻撃などによるマルウェア感染端末の自動検知および対応優先度を分析する企業・組織向け製品「DAMBALLA Failsafe」、感染端末の自動検知機能に特化して1台で数百万端末まで監視可能な通信事業者向け製品「DAMBALLA CSP」を販売開始すると発表した。

両製品の特徴は、ビッグデータと機械学習を組み合わせて精度の高い感染端末の自動検知を実現するとともに、その検知情報がさまざまな製品と連携可して強固なサイバー攻撃対策を実現できる点。

「DAMBALLA Failsafe」は、8つの検知エンジンで感染端末を検知し、9つのリスク分析エンジンでビジネスへの影響度に応じた対策優先順位をつけて自動的に通知。これにより、CSIRT(企業・組織内の情報セキュリティ問題を専門に扱うチーム)をはじめとする対策部門の対策時間を大幅に短縮する。

同社は「DAMBALLA Failsafe」を活用して、感染端末の外部通信を自動的に遮断する情報漏えい対策ソリューションを提供する。同ソリューションは、C&Cサーバ(感染端末を攻撃者が制御・操作するサーバ)と通信する端末を「DAMBALLA Failsafe」が検知すると、その端末のIPアドレス情報をLog分析サーバ経由でファイアウォールに伝え、該当端末の外部通信を検知から約2分で自動的に遮断するもの。

DAMBALLA Failsafe」を活用した企業・組織向けの情報漏えい対策ソリューションの仕組み

「DAMBALLA CSP」は、通信事業者のネットワークサービスにおける加入者の感染端末の自動検知機能に特化した製品。1台で数百万端末まで監視可能で(個人を特定できる情報は監視対象外)、この検知情報との連携によって、利用者への感染通知サービスや駆除サービスなどのセキュリティサービスの追加や、他社への乗り換え率の低減を図ることができる。

同社は「DAMBALLA CSP」と悪質な通信をフィルタリングするDPI/IDS製品、悪質な通信を破棄するブラックホール・ルータ、これら機器と連携するLog分析サーバなどを組み合わせることで、不正トラフィックを削減するソリューションの提供も行う。

DAMBALLA CSP」を活用した通信事業者向けの不正トラフィック削減ソリューションの仕組み

価格は、「DAMBALLA Failsafe」が監視対象500端末当たり年額750万円から(税別)、「DAMBALLA CSP」が個別問い合わせとなっている。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

高畑充希、観客の公開プロポーズ成功に思わず涙「感動しちゃった!」
[16:00 5/29] エンタメ
海老蔵、ダルビッシュ復帰に感動「これが見たくて」「流石っすね」
[15:44 5/29] エンタメ
「マカロニほうれん荘」が携帯ゲームに!?ドット絵のゴリラダンスTシャツ
[15:20 5/29] ホビー
[本郷奏多]実写版「ハガレン」へ気合 エンヴィー役でビジュアル「近づけるんじゃ」
[14:08 5/29] エンタメ
東国原英夫、上西議員を猛批判「税金の無駄遣い」「即刻クビ」
[14:03 5/29] エンタメ

特別企画 PR

求人情報