Intel、小型モジュール「Curie」を搭載した「Arduino 101」を発表

 

Intelは10月16日(イタリア時間)、同社の小型モジュールである「Curie」を搭載したメイカーや教育現場、組み込みエンジニアなどに向けた開発ボード「Arduino 101(米国以外での製品名はGenuino 101)」を発表した。

同ボードは、加速度計やジャイロスコープ、Bluetooth Smartによるネットワーク接続機能などを備えているため、手軽にスマートデバイスやインターネットに接続可能なデバイスを開発することが可能だ。また、Arduinoのオープンソース電子プラットフォームとして提供され、無償で利用可能なハードウェア・デザイン、外部の拡張コンポーネントを提供する広範なエコシステム、ソフトウェアのプログラミング環境といった特徴も兼ね備えている。

また、現在300以上の学校で採用されているCreative Technologies in the Classroom(CTC)のフィジカル・コンピューティングのコースにも採用される予定で、同社では今後の数年間で、世界中の学校にCTCプログラムを普及させるためにArduinoと協力していくとしている。

なお同ボードは、2016年代1四半期より提供が開始される予定で、希望小売価格は30ドル(税別)としており、Amazonのほか、Conrad Electronic、Farnell Element 14、Microcenter、Mouser、RadioShack、RS Components、SparkFunなどで入手が可能だという。

Arduino 101(米国以外ではGenuino 101)のパッケージとボード外観

Arduino 101の基本スペック



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー