プレンプロジェクト、「PLEN」のユーザーコミュニティ・サイトを公開

プレンプロジェクトは7月1日、同社が手がける小型ロボット・キット「PLEN」の公式ユーザーコミュニティ・サイト「PLEN Playground」を公開した。

「PLEN Playground」のスクリーンショット

同サイトでは動作作成ソフト「Motion Editor」(α 版)が公開される。これは、ユーザー自身でPLENシリーズロボットの動作を作成するツールで、Web版、ネイティブアプリ版が順次公開される予定。同ツールにより、あらかじめ組み込まれたモーション以外にも、ユーザー自身で作成した動作をPLENシリーズロボットにインストールするうことができる。作成した動作はSNSで共有することもできる。

「Motion Editor」

また、初学者向け教育用ビジュアル・プログラミング・ツール「Scenography」(α 版)が7月中旬に公開される予定となっている。同ツールを用いることで、プログラム言語の構文の細かい文法を知らない初学者でも、アイコンを組み合わせることにより、実際にPLENを動作させることができる。形式は、Web 版とネイティブアプリ版を予定している。

「Scenography」

さらに、8月にはPLEN Playground上でPLEN2の3D データ、基盤及びソフトウェアのソースコードが公開される予定だ。

なお、プレンプロジェクト公式サイトではPLEN2の予約受け付けを開始しており、PLEN2(モーター&コントロールボードセット)の出荷は9 月上旬、PLEN2(組立キット及び完成品)は12 月上旬の出荷を予定している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事