太陽誘電、CD-Rなどの記録製品事業から撤退 - 12月末の販売終了を予定

  [2015/06/11]

太陽誘電は6月11日、CD-RやDVD-Rといった光記録メディア製品事業から撤退することを決定したと発表した。

同社は1988年のCD-R開発、翌1989年の販売開始降、DVD-R、BD-Rといったさまざまな光記録メディアを事業として展開してきたが、近年のHDDの大容量化、クラウドコンピューティングの普及などによる市場の縮小の影響から今回の決定に至ったという。

なお、今後のスケジュールとしては2015年12月末をもって記録製品の販売を終了する予定としており、以降は電子部品、特に同社が成長戦略の要としているスーパーハイエンド商品に経営資源を集中していくとしている。

最初に発売されたCD-R (出典:太陽誘電Webサイト)



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ZOTAC、有線LANと無線LANに対応したWindows 10搭載スティック型PC
[20:46 5/24] パソコン
JR西日本「みまさかノスタルジー」乗車したまま「津山まなびの鉄道館」へ!
[20:33 5/24] ホビー
【レポート】今週の秋葉原情報 - GeForce GTX 1080は27日22時の発売開始! 旧モデルは在庫処分セールも
[20:32 5/24] パソコン
アデル、ソニーと140億円の巨額レコード契約か
[20:12 5/24] エンタメ
[魚住りえ]「笑点」新司会者・春風亭昇太に「早く結婚して」とエール 滑舌の悪さも「味なんですよね」
[20:09 5/24] エンタメ

特別企画 PR