太陽誘電、CD-Rなどの記録製品事業から撤退 - 12月末の販売終了を予定

  [2015/06/11]

太陽誘電は6月11日、CD-RやDVD-Rといった光記録メディア製品事業から撤退することを決定したと発表した。

同社は1988年のCD-R開発、翌1989年の販売開始降、DVD-R、BD-Rといったさまざまな光記録メディアを事業として展開してきたが、近年のHDDの大容量化、クラウドコンピューティングの普及などによる市場の縮小の影響から今回の決定に至ったという。

なお、今後のスケジュールとしては2015年12月末をもって記録製品の販売を終了する予定としており、以降は電子部品、特に同社が成長戦略の要としているスーパーハイエンド商品に経営資源を集中していくとしている。

最初に発売されたCD-R (出典:太陽誘電Webサイト)



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ
エレガンスイブでコナリミサト新連載、心に傷持つ28歳女性の節約ライフ
[22:12 6/25] ホビー
別花で藤原規代の一寸法師×年の差ラブ開幕、羅川真里茂の小冊子付録も
[21:45 6/25] ホビー