火星探査機が撮影した画像に大腿骨? - NASAが見解を発表

 

アメリカ航空宇宙局(NASA)が撮影した火星の画像に、生物の骨のようなものが写っていると米メディアなどで報じられた件について、NASAは8月21日、正式な見解を表明した。

話題の画像はNASAの火星探査機「Curiosity」が8月14日に撮影したもので、大腿骨のようなものが写っているとブログで取り上げられ、火星に生命の痕跡をついに発見かと主にインターネット上で騒がれていた。

しかし、NASAによると、骨のように見える物体は風または水の浸食によって削られた石で、生物の化石ではないとのこと。さらに、「火星には複雑な組織を持つ生物が存在し得るほどの酸素があったとは考えられていないため、たとえ何らかの生命が存在していたとしてもそれは微生物などの小さいものだろう」とコメントしている。

画像中央に骨のような物体 (C)NASA/JPL-Caltech/MSSS

火星探査機「Curiosity」(C)NASA/JPL-Caltech/Malin Space Science Systems

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア