NASA、有人火星探査に向けた次世代ロケッットの打ち上げを1年延期と発表

 

アメリカ航空宇宙局(NASA)は8月27日、次世代大型ロケット「Space Launch System (SLS)」の試験飛行について2018年11月までの実施を目指すと発表した。

SLSは全長約110m、最大打ち上げ能力130トンの次世代大型ロケット。先端に開発中の新型宇宙船「オリオン」を搭載して有人での火星探査を目標としている。当初2017年12月の打ち上げを予定していたが、開発の遅れや予算の関係で延期となった。

NASAは、計画の初期段階として、まず打ち上げ能力70トンのSLSを打ち上げ、将来的に130トンまで大型化し、2030年代までに有人での火星探査を実現するとコメントしている。

SLSのイメージ図 (C) NASA/MSFC

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

橋本マナミ、高畑容疑者は「本能のまま動く子」- 告白された時の印象語る
[13:47 8/26] エンタメ
CEDEC 2016 - ワコムブースで「ZBrush」と「Cintiq 27 QHD」を体験する
[13:36 8/26] パソコン
橋本マナミ、言い寄られていた高畑逮捕に「ビックリ」 - 洞察力に称賛の声
[13:24 8/26] エンタメ
林家正蔵、徳川家康役決定で「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」
[13:24 8/26] エンタメ
糖アルコールを炭素二重結合を含む化学原料に変換する触媒 - 東北大が開発
[13:12 8/26] テクノロジー