NASA、有人火星探査に向けた次世代ロケッットの打ち上げを1年延期と発表

 

アメリカ航空宇宙局(NASA)は8月27日、次世代大型ロケット「Space Launch System (SLS)」の試験飛行について2018年11月までの実施を目指すと発表した。

SLSは全長約110m、最大打ち上げ能力130トンの次世代大型ロケット。先端に開発中の新型宇宙船「オリオン」を搭載して有人での火星探査を目標としている。当初2017年12月の打ち上げを予定していたが、開発の遅れや予算の関係で延期となった。

NASAは、計画の初期段階として、まず打ち上げ能力70トンのSLSを打ち上げ、将来的に130トンまで大型化し、2030年代までに有人での火星探査を実現するとコメントしている。

SLSのイメージ図 (C) NASA/MSFC

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味
いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜
[00:21 10/2] 趣味
観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント
[00:21 10/2] 趣味
スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ