ドコモ、「AQUOS ZETA SH-04F」の着信バイブ設定の不具合に対処

 

NTTドコモは29日、Andoridスマートフォン「AQUOS ZETA SH-04F」向けの最新ソフトウェアの提供を開始した。ソフト更新により、マナーモード設定後解除すると着信バイブレーション設定が変わる不具合に対処する。

AQUOS ZETA SH-04F

最新ソフトは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前0時~午前6時)に書換えが行われる。ホーム画面で「メニューキー」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ソフトウェア更新」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、即時更新も可能です。ソフト更新後のビルド番号は「01.01.03」となる。

(記事提供: AndroWire編集部)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

働く男性の7割が「夏の肌悩み」あり ‐ 洗顔とシェービングの正しい方法は?
[15:03 7/29] ヘルスケア
i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ