広島赤十字・原爆病院がトレンドマイクロの「SafeSync」を導入

トレンドマイクロは7月14日、広島赤十字・原爆病院が、安全で利便性の高い業務ファイル共有を実現するファイル共有ソリューション「Trend Micro SafeSync for Enterprise」を導入したと発表した。

今回のSafeSync導入にあたり、広島赤十字・原爆病院では、冗長化された2台の物理サーバ上でSafeSyncを稼働させ、分散していた業務ファイルの保管場所を、オンプレミス型の管理された環境下に一元化した。

これにより、IT管理者がファイルのやり取りを集中管理することが可能になった。また、パーソナルフォルダ、チームフォルダによるアクセス権や割り当て容量の管理を行い、メールに添付されたファイルを自動的にストレージ保存。リンク情報だけをメールで送信することにより、安全なファイル管理と情報共有、効率的なサーバ管理が可能となった。

そのほか、SafeSyncは既存のWindowsシステムで設定したAD(Active Directory )と連携させることで、アカウントやアクセス権限の設定が可能。職員の異動や入退職の際も、ADの情報を変更するだけで、データアクセス権限設定などを変更することが可能になった。

広島赤十字・原爆病院では、今後、各科・部門のファイルサーバを統合し、院内でのUSBメモリの利用も制限し、安全なオンラインの共有環境を推進する予定で、SafeSyncのマルチデバイス対応を利用した、タブレット端末での活用も検討している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事