ST、「STM32」の性能を引き出すことを可能とするコードスニペットを発表

STMicroelectronicsは、同社の32ビットマイコン「STM32」を採用するアプリケーションの性能と効率を高めることを可能とする、高度に最適化されたレジスタ・レベルのコード・スニペットを提供する「STM32Snippets」を発表した。

STM32Snippetsは、同社のソフトウェアツール「STM32Cube」と、同ツールの組み込みソフトに統合され、初期化と移植作業を簡略化することを可能とする。これにより、複雑なレジスタレベルのプログラミングによるチューニングを行わなくても、開発者はSTM32Cubeの移植自由度の高い手法、またはSTM32Snippetsの高度に最適化された実装のいずれかを選択し、アプリケーションの性能向上や電力効率の向上などを実現することが可能となるという。

なお同社では、すべてのSTM32マイコン向けにSTM32Snippetsを公開する予定で、第1弾として、USBコントローラを除くすべてのSTM32F0ペリフェラル・セットに対応した約100種類のコード・スニペットがリリースされている。これらのコード・スニペットは無償ダウンロードが可能で、STM32F072B-DISCO開発キットおよびIAR EWARMまたはKeil MDK-ARM開発環境ですぐに使用することができるほか、一部のコード・スニペットは、STM32 F0リファレンス・マニュアルに直接統合されているため、マイコン動作の仕組みを良く理解するためのサンプルとして利用することも可能だという。

STM32マイコンにレジスタ・レベルのコード・スニペットを提供する「STM32Snippets」のイメージ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事