シャープ、エアコン吹出口取付型の車載用プラズマクラスターイオン発生機を発売

 

シャープは10月29日、自動車のエアコン吹出口に取り付けるタイプの車載用プラズマクラスターイオン発生機「IG-FC1」および車内のカップホルダーに設置するタイプの「IG-FC15」を発表した。

IG-FC1は、限られた車内スペースの有効活用を目的に開発されたもので、専用のアタッチメントでエアコン吹出口のルーバーに取り付けるタイプとなっている。エアコンのスイッチをオンにして使用した場合(吹き出し風速4m/秒(弱運転相当))、2万5000個/cm3のプラズマクラスターイオンが気流に乗り、空間全体(約3.6m3)に広がり、車内の空気の浄化と染みついた気になるニオイを脱臭するという。

また、エアコンをオフにした状態で使用する場合、運転手の顔付近など約60cmのスポット空間に10万個/cm3のプラズマクラスターイオンを放出し、約30分で肌にツヤを与える保湿効果を発揮するという。

一方のIG-FC15は、標準モード時(濃度2万5000個/cm3)の約2倍のプラズマクラスターイオンを放出するターボモードを搭載し、車内のニオイが気になる時などの急速消臭などが可能。1.9Wの消費電力かつ29dBの低騒音で、吹き出し方向を2段階に調節することが可能な可変ルーバーを採用している。

なお、2製品ともに発売日は11月8日を予定しており、価格はオープン。色はIG-FC1がホワイト系/ピンク系/ブラック系の3色。IG-FC15がゴールド系/レッド系/ブラック系の3色が提供される予定で、同社では2製品ともに月産1万5000台規模で量産を行っていく計画としている。

カップホルダータイプ「IG-FC1」。左からホワイト系、ピンク系、ブラック系(ホワイト系はイメージ)

車内のカップホルダーに設置するタイプ「IG-FC15」。左からゴールド系、レッド系、ブラック系(ゴールド系はイメージ)



関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に
[13:21 8/25] エンタメ
今年で25周年! マクドナルドの月見バーガーに「満月チーズ月見」が登場
[13:20 8/25] 趣味
ホンダ新型「NSX」申込み受付開始 - 26年ぶりフルモデルチェンジ、2月発売
[13:08 8/25] ホビー
キヤノン「EOS 5D Mark IV」、センサーもエンジンもAFも全刷新
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電
キヤノン、24-105mm・F4通しのLレンズを11年ぶりにリニューアル
[13:02 8/25] スマホとデジタル家電