鴻海、Googleにヘッドマウントディスプレイ向けの技術特許を売却

 

台湾の鴻海精密工業(Hon Hai Precision Industry)がディスプレイに関する数件の特許を米Googleに売却した。Wall Street JournalやBloombergなどが報じており、鴻海精密工業も認めている。売却額など詳細は不明だ。

Googleに売却した特許には、仮想イメージを生成して現実の空間イメージに重ね合わせるヘッドマウント型ディスプレイ向けの技術が含まれるという。売却の狙いについては、Apple依存からの脱却を図る鴻海が、Googleとの関係を深め、同社が手がけるウエアラブルコンピューティング・デバイスの製造契約を獲得するための布石と指摘するアナリストもいる。

今年7月に「Google Glass」の部品製造を手がける台湾のHimax Technologiesが、同社子会社のHimax DisplayにGoogleが投資することで合意したと発表した。HimaxはGoogleからの出資をヘッドマウント型ディスプレイや小型プロジェクターに使われるLCOSチップやモジュールの製造能力拡大に利用する。Google Glassは2014年に一般発売になる見通しだ。

Google Glass

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ
なかはら・ももた「買われた星」地方の和菓子職人と東京から来た社長のBL
[22:55 6/29] ホビー