毎日新聞とスポニチ、iPhone/スマホ向けデジタル媒体「TAP-i」を創刊

毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社は25日、iOS端末とAndroid端末向けの有料デジタル媒体「TAP-i(タップ・アイ) by 毎日新聞+スポニチ」を創刊した。アプリ本体のダウンロードは無料(別途購読料がかかる)。

「TAP-i(タップ・アイ) by 毎日新聞+スポニチ」

「TAP-i」は、毎日新聞とスポーツニッポンの記事に加え、紙面では掲載しきれない多数の写真や動画ニュースを収録して配信が行なわれるというデジタル媒体である。スマートフォンならではのタップやスワイプの操作で読み進めることが可能で、「さわって感覚的にニュースを得る」ことを目指しているという。

主な記事やコラムは音声合成システムを使って読み上げることができる。また、CGキャラクターの「アイ」が月曜から土曜まで登場し、主要ニュースと話題をバーチャルスタジオから映像を交えて紹介する。

コンテンツは、月額900円のダウンロード形式で提供される。また、毎日新聞の購読者は月額500円で利用できる「TAP-iプラスコース」を用意している。なお、8月末までは、「お試し期間」として無料で利用が可能となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事