Opera、WebRTC仕様のカメラサポート機能を導入

Opera’s newest Web browser introduces a new technology platform.

Opera Desktop TeamがOpera Nextに次期リリースの新機能の一つであるカメラサポート機能を導入したことを紹介している。この機能を使用するとOperaブラウザからHTML5/JavaScriptを使って直接カメラにアクセスができるようになるという。 Operaではこの機能を試すことができるようPhoto BoothPolaroidColor Pickerなどのデモサイトを用意している。

導入されたカメラサポート機能にはユーザのプライバシーを保護するため、カメラのアクセスを管理するパーミッションUIを提供している。また、カメラサポート用にアドレスバーの左にインジケーターが表示されるようになっており、無効になっている時はアイコンはグレイで表示される。タブで複数のページを開いている時もページバーにアイコンが表示されるようにもなっている。

ユーザのプライバシーを守るCameraのパーミッションUI - Camera supportより抜粋

カメラサポート用のインジケーターアイコン - Camera supportより抜粋

カメラサポート機能が無効の場合インジケーターがグレイになる - Camera supportより抜粋

ページバー内にもインジケーターが表示される - Camera supportより抜粋

導入されたカメラサポート機能はWebRTC仕様のgetUserMedia()を実装しているとし、詳しい説明については「Playing with HTML5 video & getUserMedia support」が参考になるとしている。

WebRTCの対応についてはOpera以外にもChromeやFirefoxなど他のブラウザも取り組みを行なっている。WebRTCに対応するブラウザが増えると、ブラウザのみでインスタントメッセージングや通話などが可能となる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事