「Opera」最新記事一覧

Webブラウザ「Opera」に関する最新ニュースやレポートをお届け。

関連キーワード

ヘッドライン

ChromeとSafariで90%超え - 10月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年10月のモバイル/タブレットブラウザシェアが発表された。2017年10月はAndroidとOpera Miniがシェアを増やし、SafariとAndroid Browserがシェアを減らした。ChromeとSafariのシェアの合計値は2017年9月の時点では78.62%だったが、2017年10月は90.65%となり90%を超えた。スマートフォンやタブレットデバイスにおいて、ChromeとSafariが強い影響力を持っていることがわかる。

[19:30 11/3]

増えるFirefoxと減るEdge - 10月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年10月のデスクトップブラウザシェアが発表された。2017年10月はChrome、Internet Explorer、Firefoxがシェアを増やし、Microsoft Edge、Safariがシェアを減らした。2017年10月はなぜかWindows XPがシェアを増やしており、Internet Explorerの増加にも影響を与えたものと見られる。

[16:30 11/3]

Safariが減少 - 9月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年9月のモバイル/タブレットブラウザシェアが発表された。2017年9月はAndroid BrowserとFirefoxがシェアを増やし、Chrome、Safari、Opera Miniがシェアを減らした。2017年9月はAndroidのシェアが増加しiOSのシェアが減少しており、Android Browserの増加とSafariの減少はこの動きと連動したものとみられる。

[12:33 10/5]

Firefoxがシェアを増やす - 9月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年9月のデスクトップブラウザシェアが発表された。2017年9月はFirefox、Chrome、Safariがシェアを増やし、Microsoft Internet Explorer、Microsoft Edgeがシェアを落とした。特にMicrosoft Internet Explorerのシェア下落が大きく、Microsoft Internet Explorerのシェアがほかのブラウザのシェアに流れているように見える。

[09:17 10/5]

HSTSプリロードリストの採用を進めるGoogle

Googleは9月27日(米国時間)、「Google Online Security Blog: Broadening HSTS to secure more of the Web」において、Webをより安全にする取り組みとしてHTTPS Strict Transport Security (HSTS)プリロードリストの採用を進めていると伝えた。HSTSプリロードリストはすでに主要ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edge、Opera)で採用されていると説明がある。

[10:17 10/2]

VivaldiのCEO、Googleに公平にサービスを提供するように呼びかけ

Vivaldi Technologies CEO、Jon von Tetzchner氏は9月4日(米国時間)、「Google: time to return to not being evil|Vivaldi Browser」において、Googleは現在、検索と広告において独占に近い力を持つ立場にあり、規制が必要な可能性があると指摘した。Googleはこうした独占的な力を適切に行使することができておらず、公平な競争という点において信頼を損なっている可能性があるとしている。

[14:00 9/9]

Chromeが増加 - 8月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年8月のモバイル/タブレットブラウザシェアが発表された。2017年8月はChromeがシェアを増やし、SafariとAndroid Browserがシェアを減らした。

[14:00 9/4]

Chrome、IE、Firefox下落 - 8月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年8月のデスクトップのブラウザシェアが発表された。2017年8月は、Chrome、Firefox、 Internet Explorerがシェアを減らし、Microsoft Edge、Safari、Operaがシェアを増やした。今月は、主要ブラウザのシェアがそろって減っており、その分がほかの主要ブラウザに流れたものと見られる。

[11:49 9/4]

ChromeとSafariが増加 - 7月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年7月のモバイル/タブレットブラウザのシェアが発表された。7月はChromeとSafariがシェアを増やし、Android Browser、Opera Mini、Microsoft Internet Explorer、Firefoxがシェアを減らした。7月はAndroidとiOSがシェアを増やしており、ChromeとSafariのシェア増加にも影響を及ぼしていると見られる。

[10:00 8/3]

ChromeとFirefoxが増加 - 7月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年7月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。7月ChromeとFirefoxがシェアを増やし、Microsoft Internet Explorer、Safari、Operaがシェアを減らした。Internet Explorerのシェアは減少しているが、Microsoft Edgeのシェアは変わっていない。Internet Explorerからほかのブラウザへのシェア流出が続いている様子が見える。

[21:00 8/2]

Webブラウザに未来はあるか? デフォルトじゃないブラウザ達が語る今とこれから

2017年6月末、サードパーティのブラウザベンダが集ったイベント「デフォルトじゃないブラウザの会」が開催された。集まったのは「jigブラウザ」「Vivaldi」「Sleipnir」「Smooz」の4ブラウザ。本稿ではブラウザベンダによる"ブラウザ愛"がほとばしったパネルディスカッションおよび、質疑応答の様子を紹介していこう。

[14:04 7/17]

Chromeが増加 - 6月モバイルブラウザシェア調査

Net Applicationsから2017年6月のモバイル/タブレットブラウザのシェアが発表された。2017年6月はChromeがシェアを増やし、それ以外のSafari、Android Browser、Opera Mini、Microsoft Internet Explorer、Firefox、Opera、Microsoft Edgeなどはシェアを減らした。デスクトップとモバイルのいずれにおいてもChromeがシェアを増やしており、ブラウザとしてさまざまなデバイスにわたって強い影響力を持ちつつある。

[12:00 7/4]

IEのみ減少 - 6月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年6月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2017年6月はChrome、Firefox、Microsoft Edge、Safari、Operaがシェアを増やし、Internet Explorerがシェアを減らした。Internet Explorerのシェア減少と比べて、ほかのブラウザの増加分は小さいものにとどまっており、Internet Explorerのユーザーがほかのユーザにー分散していった形になっている。

[09:51 7/4]

2017年版Windows向けベストフリーPDFリーダ8選

fossBytesに6月21日(米国時間)に掲載された記事「8 Best Free PDF Reader Software For Windows PC (2017 Edition)」が、Windowsプラットフォームで利用できるフリーのPDFリーダアプリケーションベスト8を伝えた。PDFリーダの必要性は減りつつあるが、それでも署名付きPDFやフォーム入力などこうしたアプリケーションが必要になるシーンが存在している。

[19:30 6/24]

Vivaldi 1.10登場

Vivaldi Technologiesは6月15日(ノルウェー時間)、「Vivaldi takes Start Pages to next level|Vivaldi Browser」において、Vivaldiの最新版となる「Vivaldi 1.10」の公開を伝えた。Vivaldi 1.10ではスピードダイヤルのカスタマイズ性が向上したほか、これまでセパレートウィンドウでしか表示できなかった開発者ツールをウィンドウに統合できるようになった。

[14:00 6/17]

Safariが増加 - 5月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年5月のモバイル/タブレットブラウザのシェアが発表された。5月はSafariがシェアを増やし、Chrome、Android Browser、Opera Mini、Internet Explorerがシェアを減らした。5月はモバイル向けオペレーティングシステムの動向が、そのままSafariの増加とChromeおよびAndroid Browserの減少という動向になって現れたと見られる。

[10:00 6/2]

IEが減少の一方、ChromeとFirefoxが増加 - 5月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年5月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。5月もChromeがシェアを増やした。Chrome以外ではFirefox、Microsoft Edge、Safariのどのブラウザもシェアを増やし、Internet Explorerはシェアを減らした。Internet Explorerのシェアが減った分、ほかのブラウザにシェアが移っていることがわかる。

[20:00 6/1]

"認証情報"を狙い進化するNemucodに注意 - パロアルトネットワークス

パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチームUnit 42は、最終ペイロードとして認証情報の取得を狙うマルウェア「Nemucode」についての調査レポートを公開。過去5カ月間には、ヨーロッパや米国のほか日本も攻撃対象となった組織があるとして注意を喚起している。

[19:20 5/26]

Chromeが増加 - 4月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年4月のモバイル/タブレットブラウザのシェアが発表された。2017年4月はChrome、Android Browser、Opera Mini、Internet Explorerがシェアを増やし、Safariがシェアを減らした。2017年4月はiOSのシェアが減少しており、その変動がそのままSafariのシェア減少につながったものと見られる。

[17:00 5/4]

IEの減少続く - 4月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年4月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2017年4月はChrome、Firefox、Microsoft Edge、Safariがシェアを増やし、Microsoft Internet Explorer、Operaがシェアを減らした。ただし、シェアの変動は小幅にとどまっている。

[17:00 5/3]

Safariが増加 - 3月モバイルブラウザシェア

Net Applicationsから2017年3月のモバイル/タブレットにおけるブラウザシェアが発表された。3月はChromeとAndroid Browser、Opera Miniがシェアを落とし、Safariがシェアを増やした。Chromeの増加傾向が続いていたが、3月はSafariが増加する結果となった。

[14:30 4/3]

IE 9が大幅減少 - 3月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年3月のデスクトップブラウザシェアが発表された。3月はChromeとFirefox、Microsoft Edgeがシェアを増やし、Internet ExplorerとSafariがシェアを減らした。しかし、シェアの変動は小幅にとどまっている。

[10:00 4/3]

Netflix、Linux版Firefoxに対応

Netflixは3月21日(米国時間)、「The Netflix Tech Blog: Update on HTML5 Video for Netflix」において、Linux版Firefoxでサービスが視聴できるようになったと伝えた。Linux版Chromeに関しては2014年末から視聴に対応していたが、今回のサポートでFirefoxがこれに追加されたことになる。

[10:00 3/24]

PCと同様、Chromeが増加 - 2月ブラウザシェア(モバイル)

2017年2月の時点で、Chromeはデスクトップブラウザとしても、モバイルブラウザとしてもトップシェアを確保しており、さらに今後もシェアを増やす勢いを見せている。Chromeがシェアを減らす理由は特に見当たらず、今後もシェアを増やすことが予測される。

[16:00 3/2]

Chromeの増加続く - 2月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年2月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2017年2月は、ChromeとMicrosoft Edgeがシェアを増やし、Microsoft Internet Explorer、Firefox、Safariがシェアを減らした。Chromeは長期にわたってシェアを増やしており、主要ブラウザの中でも特に強い影響力を持ちつつある。

[11:30 3/2]

1月もSafariが増加 - 1月ブラウザシェア(モバイル)

Net Applicationsから2017年1月のモバイル/タブレットブラウザのシェアが発表された。1月はSafariがシェアを増やし、Chrome、Android Browser、Opera Mini、Microsoft Internet Explorerがシェアを減らした。Safariは2カ月連続でシェアを増やしたことになる。

[10:30 2/3]

増え続けるChrome - 1月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年1月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。1月はChromeとMicrosoft Edgeがシェアを増やし、Internet Explorer、Firefox、Operaがシェアを減らした。Chromeのシェア増加はとどまる傾向を見せておらず、今後もさらにシェアを増やす可能性がある。

[18:00 2/2]

Win10アップグレードごとにEdgeに戻るのは止めよう - Vivaldi CEO

Vivaldi TechnologiesのCEOであるJon von Tetzchner氏は1月24日(米国時間)、「It’s time to do the right thing, Microsoft - Vivaldi Web browser Community」において、Windows 10のアップグレードでデフォルトブラウザがMicrosoft Edgeに戻される行為はもう止めるべきだと意思表明を行った。ユーザーの選択を尊重すべきであり、無理にデフォルトブラウザをMicrosoft Edgeへ強要すべきではないと指摘している。Jon von Tetzchner氏はこれまでこうした発言は行ってこなかったが、もう忍耐の限界だと述べている。

[16:30 1/29]

Operaが実験的な新ブラウザ「Opera Neon」をリリース - Windows、Mac向け

Opera Softwareは、"コンセプトブラウザ"として新ブラウザ「Opera Neon」をリリースした。Webブラウザの未来を想像した、実験的なリリースという。

[20:25 1/13]

Chrome、Safari、Operaの自動入力機能を利用した情報窃取に注意

fossBytesに1月11日(米国時間)に掲載された記事「Your Chrome, Safari, And Opera Browsers Might Be Leaking Your Private Information」が、ブラウザが提供している自動入力機能がユーザーの個人情報の窃取に悪用される危険性があると伝えた。各種ブラウザのうち、Chrome、Opera、Safariがこの攻撃の影響を受け、Firefoxはこの影響を受けないという。

[09:54 1/13]

Opera バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>ソフト>Opera)

Opera トップへ
Webブラウザ「Opera」に関する最新ニュースやレポートをお届け。

人気記事

一覧

新着記事