JP Secure、専用ハードが不要なホスト型WAF「SiteGuard Lite」を販売

ニュース
トップ

JP Secure、専用ハードが不要なホスト型WAF「SiteGuard Lite」を販売

  [2012/03/01]

ジェイピー・セキュア(以下、JP-Secure)は2月29日、新製品となるホスト型のWebアプリケーションファイアウォール(以下、WAF)製品「SiteGuard Lite」の販売を開始すると発表した。標準価格は、1ライセンス・初年度(サポートサービス含)年額25万2,000円(税抜)。販売目標は、販売後1年間で300ライセンスとし、現在、ベータ版ご利用中のユーザーには10%OFFの特別価格適用が2012年3月末受注分まで適用される。

同製品はSiteGuardのトラステッド・シグネチャ検査機能を踏襲し、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといったリスクの高い攻撃を重点的に防御する、シンプルなホスト型のWAF製品となっている。

「SiteGuard Lite」機能概要

同製品の特徴は、「高い防御性能を誇るシグネチャ検査機能」、「ネットワーク構成に影響を与えないモジュール型」、「シンプル設計、直観的なWebインタフェース」、「攻撃検出時の対応を支援するアラート・エラーレスポンス機能」となっている。

シグネチャ検査機能は、トラステッド・シグネチャをベースとしたブラックリスト型の防御機能を搭載し、自動更新を使用することにより、顧客側で煩雑なチューニングをすることなく、常に最新の脅威に対応可能。検査対象の除外や独自の防御ルール作成など、個別の要件にも柔軟に対応できるカスタム・シグネチャ検査機能も搭載している。

「SiteGuard Lite」トラステッド・シグネチャ機能画面

同製品はWebサーバのモジュールとして動作するため、専用ハードウェアを必要とせず、ネットワーク構成を変更せずに導入できる。プラットフォームとして、初期バージョンではRed Hat Enterprise LinuxおよびCentOS上で動作するApache Webサーバに対応。VMwareなどの仮想環境やクラウドサービス上でも利用できる。

アラート機能では、攻撃検出時に管理者にメールで通知できると同時に、アクセス元に対してはエラーレスポンスを送信する機能も準備されている。いずれの内容もすべて日本語で編集可能となっている。

「SiteGuard Lite」アラート機能画面

関連したタグ


ITセミナー

一覧
  • Java高速開発ツールの最先端…APサーバの再起動が不要に! 年間約5週間以上の工数を削減
    インフォメーションディベロプメント 照井氏

  • 流通・小売で最先端の取り組みを行う3社のデータ活用事例、ノウハウをご紹介
    【Session】ファミリーマート 坂井氏

注目特集

転職ノウハウ

あなたの仕事適性診断
あなたの仕事適性診断

4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

Heroes File ~挑戦者たち~
Heroes File ~挑戦者たち~

働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

はじめての転職診断
はじめての転職診断

あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

転職Q&A
転職Q&A

転職に必要な情報が収集できます

ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    ベルギー代表MFがツイッターで人探し…心動かされた1枚の写真とは
    [23:53 3/28] ライフ
    快勝翌日に次戦を見据える香川「厳しいところでどれだけできるか」
    [23:16 3/28] ライフ
    柴門ふみ×元町夏央がタッグ!ラブストーリー新連載がマンガボックスで
    [23:13 3/28] ホビー
    A組の全3試合がドロー、B組は名古屋が2連勝/ナビスコ杯第2節
    [23:05 3/28] ライフ
    Iカップ青山ひかる、恋愛禁止も「秘密な関係になって……」
    [23:00 3/28] エンタメ

    特別企画

    一覧

      求人情報