ST、Windows 8上で動作するセンサソリューションの開発を発表

ニュース
トップ

ST、Windows 8上で動作するセンサソリューションの開発を発表

  [2011/10/06]

STMicroelectronicsは、Microsoftとの協力を通じて次世代OS「Windows 8」上で動作するモーションおよびHID(Human Interface Device)方位センサ・ソリューションの開発を行うことを発表した。

この両社の協力関係は、完全なセンサ・ソリューションとして提供することを目指すもので、3軸デジタル・ジャイロ・センサ、3軸デジタル加速度センサ、3軸デジタル地磁気センサ、近接センサおよび気圧センサの他、iNEMO Engineセンサ・フュージョン・アルゴリズムならびにI2Cプロトコルを介してHIDを駆動する32bitマイコン「STM32」を統合したSTのマルチセンサ・モジュール「iNEMO」を活用することで進められる。

Windows 8上でiNEMO Engineを使用し、STのセンサを駆動させることでプラグ&プレイやターンキーなどのメリットを提供するもので、Microsoftのセンサ・ドライバ・スタックとSTのセンサ・コントローラ・ファームウェアにより、機器メーカーはドライバ開発が不要になり、エンド・ユーザはWindows 8が持つ画面回転や屋内測位などのセンサ・シナリオを利用と共に、iNEMOモジュール内に集積されたSTM32マイコンによる省電力化が可能になるという。

なお、STでは、HIDセンサ・ソリューションのほか、完全なMEMSソリューションのプロバイダとしてWindows 8用カスタマ・ドライバを提供するとしており、このソリューションには、現在量産中のWindows 7用センサ・ドライバが使用されているという。

関連したタグ


ITセミナー

一覧

注目特集

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    「JR東日本アプリ」が100万ダウンロードを突破! 記念ラッピング電車も運行
    [11:33 1/30] 旅行
    【コラム】ものづくりを強くする-Protomold Design Tips- 第47回 ものづくりをスピードアップ!新しい射出成形と切削加工のプロセス
    [11:30 1/30] テクノロジー
    【特別企画】世界最高水準のパフォーマンスを備えた売買システムを構築 - グローバルな取引市場の中で競争力を高め、取引高を拡大
    [11:30 1/30] エンタープライズ
    東京都・初台にて世界中で愛される"スイスデザイン"の全貌を紹介する企画展
    [11:30 1/30] クリエイティブ
    東芝、SlideShareにて動画広告を公開 - コンテンツマーケの一環として
    [11:30 1/30] エンタープライズ

    特別企画

    一覧