ネットワールド、クラウドOS「Nimbula Director」最新版提供開始

ニュース
トップ

ネットワールド、クラウドOS「Nimbula Director」最新版提供開始

笠井美史乃  [2011/09/16]

ネットワールドは9月15日、米Nimbulaが開発するクラウドOSの最新版「Nimbula DirectorVer1.5」を9月27日より提供開始することを発表した。最新版では、新たに外部ストレージ連携機能、NAT機能、マルチサイト管理機能などが追加されている。

Nimbula Directorは、Amazon EC2のような環境を企業インフラ上に簡単に構築できるクラウドOS。数台の小規模環境から数千台を超す大規模環境まで拡張が容易で、高度な自動化やクラウドリソースの集中管理などの機能で、IaaS基盤構築・管理に対応する。40コアまでは無償で提供され、評価だけでなく本番環境のスモールスタートにも導入が可能だ。

新たに追加された「外部ストレージ連携機能」では、外部NFSストレージ上にデータを保存し、インスタンスからはブロックストレージとして利用することができる。また、各インスタンスへ事前に定義したIPアドレスプールからアドレスを払い出し、NATを有効にする「NAT機能」や、地理的に離れた他の地域のサイト間で管理情報を共有できる「マルチサイト管理機能」などを実装。

Nimbula DirectorVer1.5のNAT機能

Nimbula DirectorVer1.5の管理画面

ネットワールドは今年5月にNimbulaとの国内販売契約を締結。今バージョンにおいてクラウドOSとしての必要機能が網羅されたとの見地から、国内の顧客・事業者への支援や共同提案を積極的に展開していく考え。

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報