Chrome Web Storeにアプリ内課金、なんと95%が開発者の取り分

 

米GoogleがWebアプリストア「Chrome Web Store」にアプリ内課金を用意した。開発者カンファレンスGoogle I/Oでプレビューを披露し、アプリ内課金における同社の取り分を5%に抑えたと発表すると会場から大きな拍手がわき起こった。

Chrome Web Storeは、Webアプリの利用促進を目的にGoogleが用意したオンラインストアだ。1カ所でWebアプリを検索・ダウンロード入手できる場所であり、またChromeユーザーにWebアプリをネイティブアプリのように使用できる仕組みをもたらす。

Webアプリなので、Chrome Web Storeで配信されているWebアプリはChrome以外のモダンブラウザからもアクセスして使用することができる。しかしながら、ネイティブアプリのように一連の流れで導入・使用できる容易さがユーザーに受け入れられている模様だ。Googleによると、昨年12月に米国で同ストアをオープンして以来、3カ月で1700万件のWebアプリのインストールが実行され、同ストアから入手した場合のWebアプリの使用時間は従来の2倍だという。アプリ内課金も、このChrome Web Storeの特長を反映した仕組みになっており、ユーザーがWebアプリを使用する流れの中でコンテンツやサービスなどを追加購入できる。Google I/Oの基調講演では、デジタルコミックアプリ「Graphicly Comics」で、サンプルページを読みながら、そのまま2クリックでコミック全体を購入できるデモが披露された。

Webアプリ開発者はわずかなコードを追加するだけでアプリ内課金のAPIにアクセスできる。費用は売上げの5%(Googleの取り分)のみで、月額使用料やライセンス費など他の費用は一切かからない。モバイルアプリで一般的なストア側の30%の取り分と単純に比較できないものの、Googleが主張する通りChrome Web Storeの使いやすさがユーザーに受け入れられているならば、同ストアに参入する開発者が増えそうだ。Webアプリの品揃えが充実すれば、Chromeユーザーの拡大や他のブラウザへのChrome Web Storeの拡大など良循環への発展が起こり得る。

2つのコードでアプリ内課金のAPIにアクセス

アプリ内課金の開発者側の費用は売上げの5%のみ

Googleはまた、無料アプリの配信に関してChrome Web Storeの提供を日本語を含む41言語に拡大したことを明かした。グローバル規模ですべてのChromeユーザーをカバーしており、市場の拡大も開発者を引きつける要因の1つになった。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT

求人情報