Appleの奇妙な拒絶 - 「Google Voice」、App Storeへ登録できず

 

米Googleの音声通話アプリケーション「Google Voice」のiPhone向けバージョンのApp Storeへの登録が、米Appleによって却下されていることがわかった。7月28日(現地時間)になり複数のメディアが報じている。

Google Voiceは、以前にGoogleが買収したGrandCentralという会社のサービスを引き継いで再ブランディングしたもの。いわゆるVoIPでのデータ通信越しでの音声通話を実現するサービスだが、その特徴は一般電話回線から携帯電話、果てはインターネット電話のアカウントまで、すべての電話番号を統合して共通のメールボックスで管理できる点に特徴がある。今年3月にGoogle Voiceとしてのプレビュー版が初公開され、7月にはこれまでのPC向けアプリケーションだけでなく、BlackBerryとAndroid対応のモバイルアプリ版も登場している。

当件を最初に報じたTechCrunchによれば、AppleによるGoogle Voiceの差し戻しが判明する6週間前に同社は当該のアプリを審査に登録したという。時期的には6月中旬にあたり、おそらく前述のGoogle VoiceのBlackBerry版やAndroid版と一緒にリリースする計画だったと思われる。差し戻しの理由についてAppleでは「iPhone OSとの機能の重複」を挙げているようだ。以前にもSkypeなどの同種アプリがVoIPの機能制限を条件にApp Storeへの登録を許されたように、同じような問題がGoogle Voiceにも発生していると考えられる。

奇妙な現象はほかにもあり、例えば以前には登録が認められていたGoogle Voice APIに対応したアプリ群が、今回の本家Google Voiceの審査落ちとともにApp Storeから一斉に登録抹消されたようだ。TechCrunchではそのうちの1つであるGV Mobileの開発者への接触に成功しており、同アプリのApp Storeへの登録を個人的に承認していた米AppleシニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏からアプリ作者であるSean Kovacs氏に対しお詫びの連絡が届いているという。

また28日のNew York Timesの報道によれば、Google Voiceだけでなく「Google Latitude」のiPhoneアプリについても審査落ち対象となったようだ。Google Latitudeは自分の現在位置を地図上に投影し、近くの友人とコミュニケーションをとるためのツール。その特性上、携帯電話等からの利用に向いている。Googleは先日、iPhoneからの利用が可能なWebブラウザ版Latitudeの公開を行っているが、これもまたApp Storeの審査に通らなかったことを受けての措置のようだ。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

船越英一郎、亡き父が演じた役に挑戦 -『黒い十人の女』を連ドラでリメイク
[06:00 7/29] エンタメ
ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ - 具体的な対象範囲は今後精査
[06:00 7/29] テクノロジー
うーさん 第9回 うさん
[06:00 7/29] ライフスタイル
山本舞香、髪をバッサリ切ってイメージ一新!蕎麦職人になりたい家出娘に
[05:00 7/29] エンタメ
[福士蒼汰]主演映画で大阪弁に挑戦 “やすきよ”漫才で勉強
[05:00 7/29] エンタメ

求人情報