Opera Dragonfly、リモートデバッグ用通信プロトコル公開

ニュース
トップ

Opera Dragonfly、リモートデバッグ用通信プロトコル公開

後藤大地  [2009/07/06]

Opera Software

Opera DragonflyやOpera Software内部のQAツールで活用されているプロトコルがScope Interface for the Opera Browserとして公開された。Scope Interface Version 0とScope Interface Version 1の2つのバージョンが公開されている。現行のOpear Dragonflyはバージョン0を採用しているが、将来のバージョンではバージョン1を採用すると説明がある。

Scope Interfaceはもともと組み込み向けのOpera開発用に開発されたプロトコル。リソースの限られたデバイスで直接デバッグを実施することは難しいため、リモートでのデバッグを可能にするために考案された。Operaではプロトコルを公開することでほかのブラウザやツールがScope Interfaceに対応し、そういったツールでの相互接続が増えることを期待しているという。

直接的にはOpera DragonflyやFirebugにとって活用できるプロトコルとなるが、統合開発環境や品質保持ツールでも活用できるプロトコル。

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報