"404 Not found"ページをより効果的にする方法、Google

 

Google Webmaster Central

"404 Not found" - HTTPステータスコードでもっとも目にするもののひとつだ。4からはじまる3桁のステータスコードにはリクエストエラーがあてがわれており、要求されたページが存在しない場合には404が返る。"404 Not found"に遭遇する理由はさまざまだ。すでにそのページが削除されていたり別のURLへ移動している場合もあれば、URLをコピー&ペーストした段階で必要な部分切り捨ててしまったり、入力を間違えた場合などがある。

目的があってページを訪れようとしたユーザが"404 Not found"に遭遇した場合、Webブラウザの戻るボタンを押して1つ前に戻ったり、タブを閉じて再検索をかけたりする。これはちょっともったいない話だ。タイプミスやコピー&ペースト時のミスであれば、目的のページにたどり着けるようにナビゲートする方法ないものか。

同点に関してはOfficial Google Webmaster Central Blogで公開されているMake your 404 pages more usefulで興味深い対処方法が公開されている。"404 Not found"のページにURLの補完候補を表示するようにして、ユーザに正しいURLへのジャンプを促すという方法だ。

GoogleはWebmaster Toolsに新しく実験的な試みとして"Enhance 404 pages"セクションを用意しており、補完されたURLの提示や検索ボックス、サイト検索クエリなどの提案をおこなうJavaScriptスニペットを提供している。"Enhance 404 pages"セクションで生成されるJavaScriptスニペットをカスタム"404 Not found"ページに貼り付ければ、ユーザは提供されるURLを使って補完されたURLへのジャンプや親ディレクトリへのジャンプ、検索クエリの実行やサイト内検索を実施できるようになる。

提供されるJavaScriptスニペットで表示されるコンテンツはCSSを使ったカスタマイズが可能だ。Changing the appearance of the custom 404 widgetで紹介されているようにCSSをカスタマイズすればいい。この方法ならWebサイトのデザインに合わせながら、ユーザに適切なコンテンツへの道を示すことができる。同機能はまだ実験的な側面が強く提案されるURLは適切ではないこともあるというが興味深い機能だ。補完機能は現在改善を続けている段階にあるとされ今後の機能強化が期待される。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第20回 死ぬかもって思う?
[11:02 9/26] 読者プレゼント
中小企業にとってのマイナンバー制度とは? 第47回 マイナンバー制度、今後のスケジュールを再整理する
[11:00 9/26] 企業IT
佐々木希「隠し事だから言えない」- 渡部建との交際は順調?
[11:00 9/26] エンタメ
【特別企画】絶対に行きたい! 地元の人気店で香港の海鮮グルメを堪能
[11:00 9/26] 趣味
巨人Intelに挑め! – サーバー市場に殴りこみをかけたK8 第13回 デュアルコアで花開いたK8アーキテクチャ
[11:00 9/26] テクノロジー

求人情報