ビクター、"世界初"となる木の振動板採用の密閉型インナーイヤーヘッドホン

日本ビクターは26日、密閉型インナーイヤーヘッドホン「HP-FX500」を発表した。価格はオープンで、推定市場価格は15,000円前後。発売は2008 年2 月上旬を予定している。

密閉型インナーイヤーヘッドホン「HP-FX500」

「HP-FX500」は、音の伝わりが速く、余分な振動を吸収するといわれる木の振動板を採用した密閉型インナーイヤーヘッドホン。独自の薄膜加工技術により、木の振動板をドーム型にした「ウッドドームユニット」や「ウッドハウジング」を備え、高音質再生を実現し、「原音の感動を伝えることを探求した」(同社広報)という。

また同製品では、ユニットの振動ロスを低減させる「ハイブリッド構造」を採用し、迫力あるサウンドを実現。さらに、ハウジング内部に、「制振ジェル」を内蔵し、コードからのタッチノイズを低減させている。

同梱されるイヤーピースは、低反発イヤーピースと、S、M、L のサイズが選べるシリコンイヤーピースの2タイプ。また、0.8m コードに加え、鞄に入れたままでも使用可能となる0.7m 延長コードも付属される。

このほか、主な仕様は以下のとおり。

型名 HP-FX500
型式 ダイナミック型
再生周波数帯域 8Hz~25,000Hz
出力音圧レベル 100dB/1mW
最大許容入力 200mW(IEC*)
質量(コード含まず) 7.5g
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事