不正印刷をシャットアウト! エプソン、履歴を確認する印刷管理ソフトを発表

 

セイコーエプソンは14日、7月下旬より現在の印刷環境のまま、柔軟に履歴を確認できる印刷管理ソフト「Offirio SynergyWare PrintDirector」をエプソン販売株式会社を通じて販売すると発表した。また、8月上旬発売のオプションとの連携で、ID単位での生体認証印刷も可能になる。

企業の内部統制に向けた基盤整備が重要になる中、エプソンはこれまでも紙媒体経由の情報漏洩リスクを低減のため、「印刷履歴の管理」「認証印刷」「不正コピー抑止」などのセキュリティ印刷を提案してきた。

印刷管理ソフトウェア「Offirio SynergyWare PrintDirector」では現在の印刷環境のまま、プリンタ単体での印刷履歴管理からシステム連携した認証印刷まで、管理/セキュリティレベルに合わせた柔軟でセキュアな印刷環境へ移行を可能にした。配置されたプリンタの消耗品状況やユーザーごとの印刷枚数はもちろん、「いつ/誰が/何を印刷したか」を印刷履歴として一元管理し、自動収集して不正印刷を抑止する。印刷枚数の制限機能やレポート機能により、印刷コストの管理/見直しやプリンタの適正配置の見直しを計ることも可能なため、将来的なコスト削減の材料になる。

認証印刷では、出力した本人だけ、あるいは認証されたユーザーだけが印刷物を受け取けるので、個人情報や経営資料などの重要機密情報が他の印刷物に紛れ込み、取り間違いを抑止できる。

エプソンは同日発表の省スペースタイプのA3対応カラーページプリンタ2機種「LP-S6000」「LP-S5000」による使いやすく分散配置したプリンタを簡単に一元管理するという、"分散配置"と"集中管理"の両立を提案している。

「Offirio SynergyWare 認証プロキシ」は「Active Directory」との連携により社員情報の一元管理されている企業システムと認証印刷ができ、取り間違いなどを防止できる。

8月下旬に発売されるオプションの「卓上型指静脈認証装置」「指静脈パターン登録用ソフトウェア」(いずれも日立情報制御ソリューションズ製)との連携で、指静脈パターンを使用した生体認証印刷も可能だ。

価格は「Offirio SynergyWare PrintDirector」が15万円、「Offirio SynergyWare 認証プロキシ」が15万円。生体認証用デバイス「卓上型指静脈認証装置」「指静脈パターン登録用ソフトウェア」はともにオープン価格(受注生産)。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

LINEのAndroid版に投稿を一時保存できる新機能 - GIFアニメの送信も可能に
[15:44 9/27] スマホとデジタル家電
FileMaker 15の関数・スクリプトを学べるビギナーズガイドブックが刊行
[15:43 9/27] パソコン
【特別企画】組み合わせは54通り! カスタマイズ可能な変形ゲーミングマウス
[15:42 9/27] パソコン
スカイマーク、片道3,500円~のタイムセール実施
[15:37 9/27] 趣味
放送前に一致団“ケツ”!今夜「競女!!!!!!!!」ニコ生にLynn、M・A・Oら登場
[15:37 9/27] ホビー

求人情報