【コラム】

今週の注目オンラインソフト for Mac OS X

36 プログラミングによるアートを実現する「Context Free」

 

36/61

プログラミングとアート、こ2つは相反するもののように見える。プログラミングはたとえば0か1かの世界で、"論理"が中心に存在する。一方アートは感性の世界で、いわば心の中に訴えるようなものだ。だが、コードの中にも美しいと感じるものはあるし、アートにも計算によって生み出される美しさが存在する。

プログラミングはできるものの、自分にはアートの才能はないと思っている方は、「Context Free」に挑戦してみよう。意外な才能が見いだせるかもしれない。

「Context Free」。レンダリングするたびに異なる作品が得られる

名称 Context Free
バージョン 2.1(v16)
動作環境 Mac OS X 10.3.9以上
ジャンル プログラミング
開発者 Chris Coyne / Mark Lentczner / John Horigan
種別 オープンソース
ライセンス GPL

このようなフラクタルを感じさせる作品も多い

Context Freeは"アート"を描き出すソフトだ。専用のプログラミング言語を使い、ランダムな要素も絡めつつ、作品を描き出していく。幾何学的な模様を描き出すツールはこれまでにも存在したが、Context Freeはもっと抽象的な印象だ。

Ruleと定義する関数のようなものの中で、サークルやスクウェア(四角)などの形を定義していく。ランダムな要素が入れば、実際に描き出される場所は同じとは限らない。色や動きを変えていけば、予想とは異なる結果が得られるだろう。

フラクタル的な要素も入っており、樹木や雲のような形を描くこともできる。Context Free自体にサンプルが組み込まれているほか、公式サイトにはユーザが作った作品がギャラリーとして公開されている。もちろんコード付きなので、コードを貼り付けてレンダリングすればサイトに掲載されている画像とはまた違う作品が描かれるはずだ。

できあがった作品は画像やSVGとして保存できるほか、MPEG4やMOVとして生成過程を含めたムービーを作成することもできる。プログラミングでアートするという新しい感覚をぜひ一度体感してみてほしい。

自費出版サービス「Blurb」を利用し、Context Freeで作成した画像をまとめた画集を出版した人がいて、大手書店Barnes & Nobleで購入できる模様

36/61

インデックス

連載目次
第61回 縦に長いWebサイトも1枚の画像として撮影できる「Paparazzi!」
第60回 Gmailを使いこなす人のためのメールクライアント「Mailplane」
第59回 SafariでUser Scripts環境を実現する「GreaseKit」
第58回 Mac OS X用オープンソースソフトウェアを簡単インストール「MacLibre」
第57回 OS X間のアドレス帳/カレンダー/ブックマークを同期する「fruux」
第56回 タグによる管理が可能な高機能ダウンロードマネージャ「Folx」
第55回 作成中のドキュメントを自動保存するユーティリティ「EverSave」
第54回 Dockの再起動に特化したシステムユーティリティ「DockReboot」
第53回 無線LANやBluetooth、Bonjourを探知する「iStumbler」
第52回 写真のGPSデータをGoogle Mapsに表示できる画像ビューワー「CocoaSlideShow」
第51回 バージョン管理システムGit用GUIフロントエンド「GitX」
第50回 デスクトップの静止画・Flash動画を撮影できるキャプチャソフト「Jing」
第49回 高機能で楽しいマインドマッピングソフト「XMind」
第48回 デスクトップに地球や惑星を投影する「OSXplanet」
第47回 Mac OS XをPDF作成サーバに変える「CUPS-PDF」
第46回 シンプルでてきぱき書けるマインドマッピングツール「MindNode」
第45回 業務でも役立つ、iSightカメラを使うバーコードスキャナ「Barcode scanner」
第44回 使い勝手の良いTwitterクライアント「TwitterPod」
第43回 QuickTimeの対応動画・音声フォーマットを増やすプラグイン「Perian」
第42回 Webサービスと連携するタスク管理「Notes/Tasks」
第41回 Windows & Linuxにも対応のパスワード管理ソフト「KeePassX」
第40回 Flickr専用および公式のアップローダ「Flickr Uploadr」
第39回 盗難防止用セキュリティシステム「Lockdown」
第38回 Adobe AIRベースのハガキ作成ソフト「プリントマジック」で年賀状作成!
第37回 時間管理術版"レコーディングダイエット"を実行できる「Slife」
第36回 プログラミングによるアートを実現する「Context Free」
第35回 Blogger/LiveJournal/WordPressに対応したブログエディタ「Petrus Blogger」
第34回 Windows用ソフトをMac OS X上で動作させる「CrossOver Mac 7 Pro」
第33回 さっそく試す、モバイル版Firefox「Fennec」テストバージョン
第32回 Windows用VOCALOID2「初音ミク」をMacで動かせる「MikuInstaller」
第31回 Safariの検索機能をSpotlight風に便利にしてくれる「Inquisitor」
第30回 オーロラの発生状況をモニタリングする「Cosmic Debris」
第29回 Amazon S3専用フロントエンド「S3 Browser」
第28回 Mac OS Xに特化した、GIMPベースの画像編集ツール「Seashore」
第27回 パッケージ管理システムMacPorts専用のGUIフロントエンド「Porticus」
第26回 Google Webアプリを使いこなしたい人向けのAdobe AIRベースクライアント「GMDesk」
第25回 自分が使っているソフト / Webアプリの利用時間を"見える化"する「Wakoopa Tracker」
第24回 Mac OS X / iPhone対応のオンラインスクラップブック「Evernote」
第23回 テキストデータをHTML / PDF / LaTeX / 各種Wiki対応フォーマットに変換する「txt2tags」
第22回 Flashビデオの編集や音声の抽出が行える「RichFLV」
第21回 iPhone向けGPSログソフトiTrailと連携する「iTrail Desktop」
第20回 Tシャツやオリジナルノベルティを作るのに最適「SonickShack Design Studio」
第19回 Mac OS XをFONのアクセスポイントに変える「FON Macspot」
第18回 Mac OS Xで使えるオープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」
第17回 複数台のMac OS Xでクリップボードを共有できる「Stuf」
第16回 WebDAV & Amazon S3にも対応するFTPクライアント「Cyberduck」
第15回 熱狂的ファンが多い、キーボード操作ベースの高機能ランチャー「Quicksilver」
第14回 画像への"フキダシ"や"注意書き"に特化したグラフィックツール「Skitch」
第13回 Adobeが推進するデスクトップアプリ実行環境「Adobe AIR」
第12回 Webサービス・サイトのモックアップ作りに役立つ「Balsamiq Mockups」
第11回 機能の充実が進むターミナルエミュレータ「iTerm」
第10回 ニコニコ動画閲覧支援に特化したプレイヤー「MacNicoPlayer」
第9回 Google App Engineのフロントエンド「Google App Engine Launcher」
第8回 Dashboardと混在可能な「Google ガジェット」動作環境 - 「Google Gadgets for the Mac」
第7回 Spotlight検索可能な注釈を追加できる簡易PDF編集ツール「Skim」
第6回 iPhone/iPod touchのメモデータを編集・同期できるエディタ「iPhoneNotes」
第5回 Twitter、iTunes、iPhoto、Flickrと連携可能なブログエディタ「ecto」
第4回 画面撮影から共有サービス投稿までをこの1本で行える「ScrnShots」
第3回 多様な出力先を指定できるバックアップユーティリティ「Mathusalem」
第2回 iSightでマルチタッチ操作を実現 - 「Touche」
第1回 AA表示もおまかせ、Mac OS X用2ちゃんねるビューワー「BathyScaphe」

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー