【コラム】

どこでもサイエンス

105 2017年の宇宙、どうでしょう? - 下半期・その1

105/114

どこでもサイエンスの半年ごとの恒例、「宇宙、どうでしょう」でございます。宇宙に関することといえば、予測が秒単位でできることから、どーなるかわからんことまで「素人でも手軽に観察または参加できる」宇宙に関わるあれこれを、サクっと紹介しちゃいます。今回は、2017年7~12月の半年分をば。

なお、天文現象を一年分紹介している年鑑の類が、毎年刊行されています。ここではとても書き切れない内容がいっぱい。手帳タイプの1000円くらいから月替わりのカレンダータイプ、そしてDVD・ソフトつきムックで3000円くらいまでですね。前回の「宇宙、どうでしょう」の記事にまとめてありますので必要に応じてご参照あれ。

7月~8月

夏は、なんか、天体観察なシーズンですね。夜は暖かいし、休みに田舎に行くってこともアリだし、流れ星も大目。お店で配っているフリーペーパーからなにから「星をみましょう」な特集をしがちでございます。

で、夏は実際四季のなかでベストかというと、うーむ、まあ、中くらいかなーというところですね。田舎にいければ、天の川を見るのは夏の終わりから秋がいいんですけどね。ただ、ここ数年は「夏がいいですよ」とかなり自信を持って言えます。なにしろ、木星と土星がバッチリ見えるのですから。

木星と土星がイイ感じ そして、土星の環が見やすい 木星と土星は、毎年見える時期がズレていきますが、今年~2020年はオリンピックイヤーくらいまで、夏が見ごろってのが続きます。

木星は、夕方に、西よりの空に見える、ずば抜けて明るい星です。他に明るい星がないので、まちがいようがないです。

NASAの木星探査衛星「Juno(ジュノー)」が撮影した木星 (C) NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Roman Tkachenko

土星もまあ、明るいのですが、同じくらいの星が4~5個あるので、ちょっとむずかしい。時間と方向がポイントになりますな。夜9時くらいに南の空のやや低めの空。色は白で、少し右に赤っぽい星=アンタレスが見えるのが目印になります。

NASAの土星探査衛星「Cassini(カッシーニ)」が撮影した土星 (C) NASA/JPL/Space Science Institute

まあ、それでも自信がイマイチなら、だれでもわかる「月」とならぶ日を目印にするのがよいですよー。土星が月とならぶのは、2017年は7月7日、8月3日、8月30日、9月27日です。その前後の日でも、まあまあ土星と月は近くにありますから、前なら月にむかって左、後日なら月にむかって右に明るめの星を見つけてもらえばOKでございます。

ところで、土星といえば「環=リング」なんですが、昨年~今年にかけて、環が開いてみえる、絶好の時期なのです。NASAが公開している以下の写真のなかで、いちばん環が立派なのが昨年~今年だと思ってください。このめぐりあわせは14年ごとでございますよ。

Rings and Seasons of Saturn (C) Damian Peach/SEN

なお、環をみるためには望遠鏡が必要なんですが、ちょっとよい感じの一眼レフを持っていたら、三脚にのせてズームして撮影し、それをさらに拡大すると、タダの星じゃない、環っぽいものが見えることがございますので、お試しくださいませ。

8月21日に日食があるぞ、ただしアメリカだ。

8月21日(日本では22日)、アメリカ合衆国を横断する形で、皆既日食が見られます。見えるエリアは、以下の図の青い線と線の間のエリア。最大2分40秒の天体ショーです。

2017年8月21日(米国時間)の皆既日食が観察できる範囲 (C) Fred Espenak (NASA's GSFC), MrEclipse.com, Google Maps

皆既日食では、以下の写真のような光景が見られ、一度見ると病みつきになる天体現象ってことで、日本からのツアーはパンパン、ではありながら、キャンセル待ちでいきなり入れるという話もあるのでございます。

(C) Babak Tafreshi (TWAN)

まあ、あまり無責任なことはいわないほうがいいですかね。皆既日食が見られるエリアは移動していきますが、その様子のシミュレーションもちと面白いですな。

The Total Solar Eclipse of August 21, 2017 - fly along with the shadow! from Eclipse2017.org on Vimeo.

The Total Solar Eclipse of August 21, 2017 - fly along with the shadow!

日本居残り組は、各放送局が中継をすると思いますので、そちらで楽しんで「キャッホゥ」しましょう。ネット中継もあると思いますよ。

宇宙施設が特別公開する夏!

夏は、宇宙関連施設の特別公開がある時期でもあります。

  • 日本最大級の望遠鏡・国立天文台岡山天体物理研究所のレアな特別観望会(8月11日) はがきで応募、締め切りが「7月22日必着!」ですよ。まあ、めったにないチャンス、限定たったの80人。太陽系外惑星も発見した望遠鏡をのぞけるのは超希少です。

  • JAXA相模原キャンパス(8月25・26日) はやぶさ探査機のふるさと、神奈川県の相模原市の大人気イベントです。今年は開催日注意ですな。毎年7月が恒例だったのですが、今年は8月末です。新幹線なら新横浜から横浜線で町田方面ですよ。

  • 国立天文台野辺山宇宙電波観測所(8月26日) 長野県は、鉄オタの聖地、JR最高点の野辺山の近所で開催。でっかいアンテナをめじるしにいけば、まず迷いません。JAXA相模原もこちらも、いつでもキャンパス内を見学できるんですが、特別公開はお祭りです。先生も大学院生もみんなが、楽しく迎えてくれますよ。

流星もなかなかよいですよ

さて、夏は流れ星もいい感じなのでございます。8月12日~14日は、流れ星が通常の10倍流れるというペルセウス座流星群のピーク。1時間空をみあげていれば、10や20の流れ星は数えられます。流れ星の見方は、われながらちゃんと書いているので、そちらをご参照ください

ロケット打ち上げはどうかな?

最近は、中国もインドもジャンジャン打ち上げをしておりますし、民間のスペースXなどがやはりジャンジャン打ち上げていますね。宇宙があったりまえになってきているってなもんです。

SPACE FLIGHT INSIDERというWebサイトには、今後の打ち上げ予定がいろいろ書いてありますが、そこからちょいとピックアップしてみましょう。

  • 7月28日は、国際宇宙ステーションの52期クルー3人が旅立ちます。ロシアのソユーズに乗ってまいりますな。
  • 8月1日には、その国際宇宙ステーションに無人貨物船が向かいます。打ち上げは民間のスペースXのファルコン9ロケットですな。

8月中には、そのスペースXがファルコンヘビーという大型ロケットのテスト打ち上げをします。将来火星に行く準備だというのですが、まじかよ状態です。

8月中にはもう1つ、飛行機から打ち上げるペガサスロケットで、ICONという地球の電離圏を調査する衛星が打ち上げられます。オーロラや太陽活動との関係など、謎多き地球の超高空を調べるのですね。むーん。

おっと、日本のことを落とすところでした。

8月11日には、GPSを補完する位置情報を知らせる「みちびき3号」がH-IIAロケット35号機で打ち上げられます。

今回はいままでのみちびきの「準天頂衛星」ではなく、システムの4機のうち1機だけの静止軌道衛星でございます。

このあたり、詳しくは内閣府のホームページを見ていただければ。

さて、そんなこんな書いていたら、かなりの分量に、9月~12月については、原稿をあらためて次回ということにいたしますね。

著者プロフィール

東明六郎(しののめろくろう)
科学系キュレーター。
あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。天文、宇宙系を主なフィールドとする。天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。だが、細かい内容はその場で忘れる。

105/114

インデックス

連載目次
第114回 月の地名のまめちしき
第113回 アップル…いや、グレープコンピュータ
第112回 太陽フレア、とりあえず知っとく?
第111回 土星を巡って13年 - 土星探査機カッシーニ・2017年9月15日に最後の日(後編)
第110回 土星を巡って13年 - 土星探査機カッシーニ・2017年9月15日に最後の日(前編)
第109回 世の中を変えた発明、なんでしょう。
第108回 ハイテク素材と赤い炭
第107回 8月7日(月)深夜・月食を見よう!
第106回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 下半期・その2
第105回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 下半期・その1
第104回 予言者? ジュール・ヴェルヌ
第103回 幻の毎日新聞プラネタリウム館 - 東日(毎日)天文館
第102回 地球は、どう、動いてる?
第101回 アインシュタインの方位磁石 - サイエンスな人の一品
第100回 アストロバイオロジーって、何それ、オイシイの?
第99回 太陽はスゴイ? - 成績発表会
第98回 実験装置、見たい?
第97回 地図と星は仲がいい
第96回 山が変える惑星の模様
第95回 ほとんどの星は爆発しない
第94回 それも「バラ科」ですか……!?
第93回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その2
第92回 2017年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編その1
第91回 流れ星を見つけるコツ
第90回 コピー機の発明について、調べてみたよ
第89回 いにしえの中国やインドの宇宙
第88回 「火星の呪い」が発動
第87回 来年のノーベル賞予想ごっこ
第86回 天文学研究のため、レンジは使わないでください
第85回 カフェでリア充、科学者ハレー
第84回 お月見の日は、どう決まる?
第83回 たまご、熱すると固まるナゾ
第82回 8月12日のペルセウス座流星群と黒い彗星
第81回 絶滅のサイエンスとリョコウバトとウナギ
第80回 ジュノー探査機、木星到着
第79回 「ニホニウム」で知ったかぶりをするための知識5連発
第78回 2016年の「宇宙どうでしょう?」 (下半期)
第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
第76回 宇宙人を探すなんて、できるの?
第75回 海がない国 スイスで生まれた深海潜水艇
第74回 とりあえず春は、北斗七星。
第73回 くらべてワカル!? 宇宙の世界
第72回 さくらが春に咲くのは、寒さを越えるプログラムがあるから
第71回 ひさしぶりの日食のお知らせ - 日本は2016年3月9日午前11時前後
第70回 「重力波」つかまえました
第69回 春のこよみのサイエンス
第68回 火星をざっくり知っておきましょー
第67回 冬はハワイが近い!? - ジェットストリーム
第66回 2016年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第65回 年間最多の流れ星が見える! 12月14日夜はふたご座流星群
第64回 毒についてチョット調べてみました
第63回 凧とかみなり、フランクリン
第62回 はやぶさ2も見られるの?? 人工衛星を見るはなし
第61回 ノーベル賞をゲットしたニュートリノ探知装置
第60回 科学者が、虹遊びをすると…
第59回 日本人は、元素の名づけ親になれるか!?
第58回 数字のケントーをつける話=フェルミ問題
第57回 「星の名決定」総選挙に参加できるぞ!
第56回 夏休み、おてがるサイエンス
第55回 冥王星に接近しました
第54回 硬い冷たいダイヤだよ
第53回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(下半期)
第52回 潜水艦を発明した愛すべきおっさん
第51回 冥王星まめちしき10連発(ビフォー編)
第50回 ジュラ紀とかエディアカラとか、実はローカルな地名ばかりの地球の歴史年代
第49回 夜空の神2共演 - 金星と木星が接近するぞ!
第48回 キャンディをかむと光るのは本当か?
第47回 2015年4月4日夜9時。むこう3年ない皆既月食をみのがすな!!
第46回 浦島太郎とか双子とかとカーナビなサイエンス
第45回 100万年かけて、あったかいーの
第44回 電話より先に発明されたファックス
第43回 世界の「宇宙窓」から
第42回 圧力鍋は、できそこないのエンジン!?
第41回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第40回 12月13~14日は、年に一番流れ星が多い時期
第39回 はやぶさ2、打ち上げそして旅の友
第38回 これだけ知っとこ、小惑星探査機「はやぶさ2」
第37回 誘導ミサイルとポップコーン
第36回 地球上の生物は推定870万種。実はその9割が発見されていない
第35回 祝・日本のお家芸・青色LEDがノーベル賞
第34回 2014年10月8日夜8時。ゼッコーの皆既月食をみのがすな!
第33回 シロウトにチャンス到来・惑星の名前をつけられるぞ!
第32回 スゴイぜ! 彗星探査機「ロゼッタ」
第31回 天才&変人キャベンディッシュ
第30回 渡り鳥が作るV字型編隊の謎
第29回 やってはいけない!サイエンス
第28回 フロッピーの栄枯盛衰
第27回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その2
第26回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その1
第25回 100円で作れるちょっぴりキケンな科学オモチャ「アストロ・ブラスター」
第24回 5月24日土曜夕方に本当にでるのか!? - 「きりん座流星群」
第23回 いま、サイエンスで一番アツイ? - タンパク質ギョーカイをのぞく
第22回 英国科学雑誌のQ&Aコーナー - そんなに熱くなるなんて…
第21回 2年2カ月に1度のチャンス! - 火星ただいま接近中
第20回 科学なパーソナリティ列伝
第19回 今年が寒いのは太陽のせい? - 実は暗い太陽の未来
第18回 日本に降る雨は「だいたい雪」、だそうです
第17回 どこでもサイエンス-チョコレートは惚れ薬?
第16回 江戸時代からある「クローン」
第15回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編
第14回 謎実験 - ニュートンビーズ
第13回 12月14日はふたご座流星群の日! - サクッとわかる観察ポイント
第12回 新月が出たぞという意味の「カレンダエ」からはじまった「カレンダー」
第11回 気持ちよく歌えるエコーのおはなし
第10回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(後編)
第9回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(前編)
第8回 ただいま接近中 ‐ アイソン彗星
第7回 信号ひとつは70ワット - 交通信号機にまつわる科学のはなし
第6回 いますぐ使える「月」の知識11連発(後編)
第5回 いますぐ使える「月」の知識11連発(前編)
第4回 飲める「リトマス試験紙」
第3回 カンタン工作 - 百均虫めがねで「カメラ箱」を作ろう
第2回 8月12日と13日の夜はペルセウス座流星群を観察しよう
第1回 教科書を覗いてみよう - 小学校3年生の理科より「明かりをつけよう」

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事