【コラム】

どこでもサイエンス

71 ひさしぶりの日食のお知らせ - 日本は2016年3月9日午前11時前後

 

71/79

2016年3月9日水曜日、4年ぶりに日本全国で日食が見られます。「欠けた太陽」が見られる現象ですな。前回の日食は2012年5月です。そして次回も3年後の2019年1月なのです。日食は場所によって見える時間や欠け具合がちがいますが、日本であればざっくり午前10時~12時前です。日食のチェックには1分もいりません。トイレ休憩中にチラリでもOK。ぜひこのめずらしい現象をごらんくださいませ。

では、観察のポイントをばご紹介いたしますねー。

日食全体についてざっくり(ともかく見るんだって人はここを飛ばしてください)

今回の日食は、東南アジアを中心に、インド~オーストラリア北部~日本~ハワイにかけての地域で見られます。特にインドネシアの一部では皆既日食になります。インドネシアから離れると欠け具合が小さく、日食である時間が短くなっていきます。

3月9日の日食地図。インドネシアの一部では皆既日食に (出典:NASA)

日本での太陽の欠けぐあいは、沖縄で3割くらい、本州で2割、北海道で1割くらい欠ける感じですね。時間は沖縄で3時間、本州で2時間、北海道で1時間といったところです。国立天文台が、日食のシミュレーションをWebで公開していて、好きな場所での日食についてのデータが得られます。ただ、ちょっと専門的でございます。

いつ見りゃいいの?

2016年3月9日水曜日ですが、場所によってちがいます。日食は少しずつ太陽の欠け具合が大きくなり、また欠け具合が小さくなります。日食が始まる時刻・ピーク・終わる時刻は、次のとおりです。この間ならいつ見てもいいのですが、まあ11時くらいといっておけば、あまりはずれないですね。おおむねお昼休みだと終わっているか、終わりかけというところです。

場所 始め ピーク 終わり
札幌 10時39分 11時18分 11時57分
仙台 10時22分 11時13分 12時5分
東京 10時12分 11時8分 12時5分
大阪 10時5分 10時58分 11時52分
広島 10時1分 10時51分 11時43分
福岡 9時56分 10時46分 11時37分
鹿児島 9時50分 10時44分 11時39分
那覇 9時29分 10時29分 11時36分

道具は? - 太陽を直接見てはいけない……まぶしくて見ようって気にならないですけど

いちばん良いのは「日食グラス」とか「日食めがね」といった商品を使って見ることです。日食で欠けていても太陽のパワーはほぼそのまま。直接見ると、間違いなく目を痛めます。サングラスなども太陽を直視するようには作っていませんのでダメでございます。日食グラスなどは、書店や家電量販店、文房具店、そして一部地域にしかないですが望遠鏡専門店などで販売しています。溶接用のマスクもいけるのですが、むしろ高価ですね。なお、昔は色つきの下敷きとかガラスにススをつけて……とかやったのですが、ちょっと安全が担保できないのでオススメできません。太陽も観察できる下敷きってのも売っているみたいなんですが、安全テストをしたのかな? 個別には商品発売元に問い合わせてみてくださいませ。

日食グラスなしでなんとかする方法。

ただ、日食グラスなんて入手できないとか、もったいないというのであれば(ごもっともです)、太陽が作る影を楽しむという手があります。「小さな穴」が開いたプラスチックのカードを用意します。昔なら使いさしの(穴が開いた)テレホンカードといえばよかったんですが、今だとなかなかですな。カードで数十センチ離して太陽の影をつくると「小さな穴」の部分は太陽光を通しますな。そして、影の中のその光を見ると、欠けるのがわかるのでございます。えっとこんな感じです。国立天文台は、いろいろな方法を紹介しています。麦わら帽子からもれる太陽光でもわかるというのですが、どうでしょうね。また、うっそうとした樹木の木洩れ日でもわかります。ふだんは、木洩れ日は、太陽の形、つまり丸いのですが、これが欠けて見えるっていうんですな。そのほか、小さな鏡で、太陽光を日影の壁に反射させて、観察するという手もあります。これは大勢で見られるのがいいところです。

写真を撮影する方法

カメラも太陽に向けるとセンサーがいかれる可能性があります。太陽撮影用の特殊なフィルターを使えば良いんですが、それがわかるくらいなら、やってますよねー。ちなみに明るさを10万分の1くらいに弱めるやつでございます。入手には専門店での通販を使うのが一般的ですが、この記事を見てからだとちょっと間に合いませんよね。たぶん。

でオススメは、上述の「小さな穴」で作る影のなかの光(木洩れ日の変化)を、タイムラプスで撮影することでございますな。iPhoneなどにもタイムラプスはありますので、窓際などにしこんでおいて、影をひたすら撮影させるのもおもしろいかもしれません。というか、やってみようと思っております。

ということで、日食についてご紹介してきました。めずらしい日食なので、チェックしてねということなんですが。あとはちょっとウンチクです。

日食そのものは、そんなに珍しくはないのです。年に2~4回くらいおきているんですね。たとえば、NASAの日食のサイトをみると2011~2020年の10年間に24回の日食がおこることがわかります。2021年~2030年では22回ですな。ただ、一度の日食で観察できる地域は、地球全体の3分の1かそれ以下です。日本で見られるということになると、ぐっと機会が減って、数年に1度ということになるのでございます。

しかも、周期がかんたんにはわからないのですな。はっきりしているのは、新月の時におきる(太陽の方に月があるのは、新月だから)ということぐらいです。新月は月に1度あるんですが、そのいつが日食になるか? ウームム難しいというのが、暦の科学をうながした面があります。もちろん、現在は太陽や月の動きを、極めて精密に予測できるようになっていて、日食についてもキチンと予報ができるようになっているのですな。

ちなみに、古代の人は、18年10~11日ごとに同じような日食が起こるということをつきとめてはいました。これをサロスといっていて、さらに3サロス(54年31日)ごとにほぼ同じ場所で同じように日食がおこることもわかっています。これは太陽と月のさまざまな動きの最小公倍数であって、これに基づく予報はしていたようです。しかしこの18年の周期というのは、かなり気長に記録をみないとわからないわけですから、ようやったよなーという感じですね。というかそれだけ古代の記録を、古代の人たちも重視していたんでしょうな。最近は、地震や火山活動にも超長期の周期を気にかける人はいます。数字遊びではなく、どこかに理屈があるのであればバカにできないってわけですな。日食は、それがおこったからといって、地震や火山のように被害があるわけじゃあありません。だから、古代の人の価値観では、太陽や月というのを見るのは重要な国家的、科学的な事業だったということなんでしょうなー。

ちなみに次の日食は……(○は日本で見られる ×は見られないものです)

× 2016年9月1日 アフリカ~インド洋、マダガスカルなどで金環日食、日本はアウト
× 2017年2月27日 南アメリカなどで金環日食、日本は夜中です
× 2017年8月22日 北アメリカで皆既日食、アメリカで夏休みで日食! 日本は夜中
× 2018年2月16日 南極で日食、一部しかかけません、日本アウト
× 2018年7月13日 南オーストラリアで日食、一部しかかけず、日本アウト
× 2018年8月11日 ヨーロッパから西アジアで日食、一部かける、日本アウト
2019年1月6日 部分日食、日本で午前中に観察できます。寒そうですな
× 2019年7月3日 南アメリカなどで日食、チリ・アルゼンチンで皆既日食、日本は夜
2019年12月26日 日本でも見られる日食。インド、インドネシアで金環日食
2020年6月21日 アジア全域で見られる、日本全国でも見られる

ということで、今回はぜひお見逃しなくー!

著者プロフィール

東明六郎(しののめろくろう)
科学系キュレーター。
あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。天文、宇宙系を主なフィールドとする。天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。だが、細かい内容はその場で忘れる。

71/79

インデックス

連載目次
第79回 「ニホニウム」で知ったかぶりをするための知識5連発
第78回 2016年の「宇宙どうでしょう?」 (下半期)
第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
第76回 宇宙人を探すなんて、できるの?
第75回 海がない国 スイスで生まれた深海潜水艇
第74回 とりあえず春は、北斗七星。
第73回 くらべてワカル!? 宇宙の世界
第72回 さくらが春に咲くのは、寒さを越えるプログラムがあるから
第71回 ひさしぶりの日食のお知らせ - 日本は2016年3月9日午前11時前後
第70回 「重力波」つかまえました
第69回 春のこよみのサイエンス
第68回 火星をざっくり知っておきましょー
第67回 冬はハワイが近い!? - ジェットストリーム
第66回 2016年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第65回 年間最多の流れ星が見える! 12月14日夜はふたご座流星群
第64回 毒についてチョット調べてみました
第63回 凧とかみなり、フランクリン
第62回 はやぶさ2も見られるの?? 人工衛星を見るはなし
第61回 ノーベル賞をゲットしたニュートリノ探知装置
第60回 科学者が、虹遊びをすると…
第59回 日本人は、元素の名づけ親になれるか!?
第58回 数字のケントーをつける話=フェルミ問題
第57回 「星の名決定」総選挙に参加できるぞ!
第56回 夏休み、おてがるサイエンス
第55回 冥王星に接近しました
第54回 硬い冷たいダイヤだよ
第53回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(下半期)
第52回 潜水艦を発明した愛すべきおっさん
第51回 冥王星まめちしき10連発(ビフォー編)
第50回 ジュラ紀とかエディアカラとか、実はローカルな地名ばかりの地球の歴史年代
第49回 夜空の神2共演 - 金星と木星が接近するぞ!
第48回 キャンディをかむと光るのは本当か?
第47回 2015年4月4日夜9時。むこう3年ない皆既月食をみのがすな!!
第46回 浦島太郎とか双子とかとカーナビなサイエンス
第45回 100万年かけて、あったかいーの
第44回 電話より先に発明されたファックス
第43回 世界の「宇宙窓」から
第42回 圧力鍋は、できそこないのエンジン!?
第41回 2015年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)
第40回 12月13~14日は、年に一番流れ星が多い時期
第39回 はやぶさ2、打ち上げそして旅の友
第38回 これだけ知っとこ、小惑星探査機「はやぶさ2」
第37回 誘導ミサイルとポップコーン
第36回 地球上の生物は推定870万種。実はその9割が発見されていない
第35回 祝・日本のお家芸・青色LEDがノーベル賞
第34回 2014年10月8日夜8時。ゼッコーの皆既月食をみのがすな!
第33回 シロウトにチャンス到来・惑星の名前をつけられるぞ!
第32回 スゴイぜ! 彗星探査機「ロゼッタ」
第31回 天才&変人キャベンディッシュ
第30回 渡り鳥が作るV字型編隊の謎
第29回 やってはいけない!サイエンス
第28回 フロッピーの栄枯盛衰
第27回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その2
第26回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 下半期編その1
第25回 100円で作れるちょっぴりキケンな科学オモチャ「アストロ・ブラスター」
第24回 5月24日土曜夕方に本当にでるのか!? - 「きりん座流星群」
第23回 いま、サイエンスで一番アツイ? - タンパク質ギョーカイをのぞく
第22回 英国科学雑誌のQ&Aコーナー - そんなに熱くなるなんて…
第21回 2年2カ月に1度のチャンス! - 火星ただいま接近中
第20回 科学なパーソナリティ列伝
第19回 今年が寒いのは太陽のせい? - 実は暗い太陽の未来
第18回 日本に降る雨は「だいたい雪」、だそうです
第17回 どこでもサイエンス-チョコレートは惚れ薬?
第16回 江戸時代からある「クローン」
第15回 2014年の宇宙、どうでしょう? - 上半期編
第14回 謎実験 - ニュートンビーズ
第13回 12月14日はふたご座流星群の日! - サクッとわかる観察ポイント
第12回 新月が出たぞという意味の「カレンダエ」からはじまった「カレンダー」
第11回 気持ちよく歌えるエコーのおはなし
第10回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(後編)
第9回 ノーベル賞を楽しむネタ知識あれこれ(前編)
第8回 ただいま接近中 ‐ アイソン彗星
第7回 信号ひとつは70ワット - 交通信号機にまつわる科学のはなし
第6回 いますぐ使える「月」の知識11連発(後編)
第5回 いますぐ使える「月」の知識11連発(前編)
第4回 飲める「リトマス試験紙」
第3回 カンタン工作 - 百均虫めがねで「カメラ箱」を作ろう
第2回 8月12日と13日の夜はペルセウス座流星群を観察しよう
第1回 教科書を覗いてみよう - 小学校3年生の理科より「明かりをつけよう」

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】東武鉄道の車両・列車 第6回 200型「りょうもう」台鉄自強号「普悠瑪」デザインに
[17:30 6/25] ホビー
クリス・ブラウン、マネージャーへの暴力で訴えられる
[16:39 6/25] エンタメ
和田アキ子、覚せい剤&不倫の高知容疑者をバッサリ「どうしようもない」
[16:15 6/25] エンタメ
「咲-saki-」スピンオフ第5弾、BGにて開幕!園城寺怜が主人公の物語
[16:15 6/25] ホビー
ジャンポケ斉藤、念願の連ドラレギュラー出演「気持ち悪い部分を出せたら」
[16:04 6/25] エンタメ