【レポート】

手のひらサイズの「通訳機」、想像以上に優秀だった

1 SIM付きとWi-Fiの2ラインナップ

  • <<
  • <

1/2

コンニャクを食べると、宇宙人や原始人とも自由に会話ができるというシーンをアニメで見て、「未来になるとこんなことができるんだ!」と夢みた子供時代。大人になって出会ったのは、コンニャク型ではないですが、ワンタップで互いの言葉を知らなくても対話できる直感的な「通訳」デバイスでした。

10月23日にソースネクストが発表したのは、通訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」です。POCKETALKは、世界の50言語以上に対応し、話しかけるだけで指定した言語へと音声で訳すデバイスです。発売は12月14日からですが、10月23日から予約を開始しています。

発表会には、ソースネクストのイメージキャラクター、剛力彩芽さんが登場。剛力さんの顔がとても小さいので、比較するとポケトークが大きく見ますが、実際は手のひらサイズです

大きさは110×60×16mm、重さは約90gです

SIM付きとWi-Fiの2ラインナップ

ラインナップは、世界61カ国で使える専用グローバルSIMをセットにしたモデル(29,800円、税別)と、Wi-Fi接続で利用するモデル(24,800円、税別)の2ラインナップ。それぞれ、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色です。

SIM付きモデルは、使用開始から2年間、月額料金なしで翻訳に使用できます。発売時は専用SIMでの対応ですが、「今後ほかのSIMでも使用できるよう準備を進めている」とのことです。専用SIMはソラコムのもので、世界61カ国で使えます。ちなみに、グローバルSIM単体は10,000円(税別、2年)です。

ワイヤレス通信はWi-Fi(IEEE802.11 b/n)、3G(850MHz、1900MHz、2100MHz)に対応し、国内では2100MHz(NTTドコモ回線)で使用可能です。連続翻訳時間は約6時間、担当者によれば「フル充電までは2A(アンペア)供給で約1時間」とのことです。スマートフォンのデザリング機能や、モバイルWi-Fiルーターに接続して使用することも可能です。

端末はオランダのTravis社と共同開発。日本での販売はソースネクストが独占販売です。ホワイトとブラックの2色。プロセッサはクアッドコア1.3GHz ARM7、メモリ(ROM)は8GB、メモリ(RAM)は1GBです

今回発表したのは2ラインナップです

翻訳は、クラウド上で複数の翻訳エンジンを用いることで、高い翻訳精度を実現したということです。短い文書だけでなく、4センテンス以上の長い文章に対応しているのも特徴です。10月23日時点では、音声またはテキスト表示のみで翻訳される言語は63言語ですが、対応言語は今後増えていく予定です。

50言語以上に対応しています

発表会では、剛力さんと吉田沙保里さんがトークに参加。実際にポケトークを試していました

【動画】音声が流れます、ご注意ください

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) SIM付きとWi-Fiの2ラインナップ
(2) 長い文章の翻訳もスムーズ
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事