ソースネクスト、50言語以上に対応する通訳デバイス「POCKETALK」

ソースネクストは10月23日、世界50言語以上に対応する通訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」を発表した。ブラックとホワイトの2色を用意。12月14日より発売する。価格(税別)は、Wi-Fiで利用できる本体のみのモデルが24,800円、世界61カ国で使える専用グローバルSIMとのセットモデルが29,800円、専用グローバルSIMが10,000円。

POCKETALK

POCKETALKは、話しかけるだけで指定した言語へ訳し、音声で返してくれる通訳デバイス。クラウド上の翻訳エンジンを使用することで、高い翻訳精度を実現しているという。海外旅行や訪日客への対応など、幅広い活用が想定される。10月時点での対応言語数は50言語以上を見込んでおり、発売時点では60言語以上に増える可能性があるという。なお、一部言語はテキスト表示のみとなる。

使用イメージ

専用グローバルSIMはソラコムの協力により開発。世界61カ国で2年間自由に通信できる。利用期間終了後に期間の延長も可能。専用グローバルSIMはnanoSIMカードで、W-CDMA方式と3G環境で利用できる。対応バンドは、850 / 1900 / 2,100MHz。日本国内では2,100MHzのドコモ回線に対応する。

Wi-Fi (IEEE802.11b/n)にも対応。Bluetooth 4.0もサポートするが、10月23日現在は利用できないとしている。操作はタッチパネルによるジェスチャーコントロールと、タッチボタン×5個で行う。1.3インチの320×240ドット液晶も装備。

専用シリコンケースを装着したところ

バッテリー容量は2,000mAhで、連続使用時間は約6時間(連続翻訳時)。USBからの充電に対応。本体サイズはW110×D60×H16mm、重量は約90g。予約特典として、専用シリコンケースがもらえるほか、ソースネクストの直販サイトで使える3,000円分の割引券も進呈される。対象は10月31日までに予約した人。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事