【ハウツー】

Live Photosを眺めていたら、なにやらお勧めされました!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『Live Photosを眺めていたら、なにやらお勧めされました!?』という質問に答えます。

***

それは、iOS 11の『写真』アプリに追加されたLive Photosのエフェクト(再生モード)をお勧めする機能ですね。ユーザがLive Photosを閲覧していると、ときどき現れます。出現するかどうかは写真次第ですが、ともすると見過ごされてしまうこの新機能をユーザに気付かせてくれます。

Live Photosは、iPhone 6s/6s Plus以降のiPhoneでサポートされる「短い動画/音声付きの写真」です。『カメラ』アプリで事前にLive Photosモードを選択しておくと、シャッターを切る前後の1.5秒、合計約3秒の動画と音声が静止画とともに保存されます。

『写真』アプリは表示対象の写真がLive Photosだと判定すると、画面左上に「LIVE」と表示します。表示した瞬間に画面が動きますし(動画部分が再生される)、画面を押し込むと音声も再生されますから、Live Photosであることはすぐに気付くはずです。

iOS 11の『写真』アプリは、Live Photosのエフェクトを変更できるようになりました。初期設定では、動画/音声を先頭から末尾までストレートに再生しますが、「ループ」ではそのLive Photosが表示されているかぎり繰り返し再生し、「バウンス」では末尾に到達したところで逆再生を行い、「長時間露光」では光の軌跡が見えるような表示効果を得られます。

エフェクトの使いかたですが、『写真』アプリでLive Photosを表示しているとき、写真を上方向へフリックすればOKです。初期設定(Live)にくわえ、ループとバウンス、長時間露光という4つの選択肢が現れますから、どれかタップすれば適用されます。この画面からは元に戻すことも(「Live」を選択)、他のエフェクトに変更することも自由に行えます。

Live Photosを表示していると、エフェクトの適用を勧められることがあります

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事