【ハウツー】

旅先で写真を撮りすぎ容量不足に……どうすればいい? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『旅先で写真を撮りすぎ容量不足に……どうすればいい?』という質問に答えます。

***

写真/ビデオを撮り過ぎて容量不足に……ありがちな話です。しばらく使う予定のないアプリを削除する、連写した写真のうち不要なものを削除する、といった方法で急場をしのぐことはできますが、それでも空き容量が不足することはあります。写真の転送/バックアップ機能を備えた外付けストレージを購入するという手もありますが、旅先でとなると困難です。

そんな場合は、「クラウド型写真保管サービス」の利用がお勧めです。Apple純正のサービスであれば、iCloudストレージに写真を転送/保管する「iCloudフォトライブラリ」を利用すると、転送が完了した写真を安全に削除できます。月々130円の支払いで50ギガバイトの容量を得られますし、必要に応じていつでも増量できますから、旅先での容量不足にも対応できます。

サードパーティーの写真保管サービスを利用する手もあります。専用アプリを用意する必要はあるものの、iPhoneで撮影した(カメラロールに保存された)写真を自動転送する機能を有効にしておけば、撮影した写真をiPhoneの外部に自動転送するというiCloudフォトライブラリと同等の機能を得られます。

写真保管サービスを実施する企業は多数ありますが、会員向けサービスの一環として提供している企業を選ぶと費用負担を抑えられます。Amazonの『Prime Photos』やGoogleの『Googleフォト』は、その代表格でしょう。

特に『Prime Photos』は写真の保管に適しています。年会費が必要な「Amazon Prime」ユーザ向けのサービスですが、オリジナルの写真(解像度変更なし)を容量の制限なく保存できますから、画質の劣化も写真の撮り過ぎも気にする必要がありません。

クラウドを利用した写真の保管は、サードパーティーのサービスを使う手もあります(画像は「Prime Photos」)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事