【レポート】

夏休みの自由研究にぴったり? プログラミングの基礎を学べる知育ドローン「Airblock」

1 遊びながらプログラミング学習

  • <<
  • <

1/2

ソフトバンク コマース&サービスは、プログラミングの基礎を学習できるドローン「Airblock」(エアブロック)を7月14日に販売開始する。希望小売価格は税別22,000円。本稿では、都内で行われた商品発表体験会の模様をお伝えする。

ソフトバンク コマース&サービスは6日、プログラミング学習が行えるドローン「Airblock」を発表。発売日は7月14日で、希望小売価格は税別22,000円

Airblockは、教育用ロボットの開発・製造を行うMakeblock社が開発した製品。発泡ポリプロピレンを使用した7つのパーツをマグネットで結着する構造で、ドローンやホバークラフトなど、任意の形状に変形して遊ぶことができる。iOS・Android向けに提供されるアプリを使えば、Bluetoothでペアリングしたモバイル機器で操縦が行える。

マグネットで結着する仕様の、発泡ポリプロピレン製の衝撃吸収ガードが一体となったプロペラ部分(左)。ドローンだけでなく、ホバークラフトなど別の形状にも変形できる(右)

「遊びながらプログラミング学習できる知育ドローン」というのが、本製品の大きなアピールポイント。Scratchを基礎としたビジュアルプログラミングソフトウェアを使うことで、専門知識がない子どもでも離着陸、旋回、宙返りなどのアクションをプログラミングできる。

アプリで自由に操縦が可能(左)。また、コマンドブロックをドラッグ&ドロップで配置するだけで前進、停止、方向転換などのアクションをプログラミングできる(右)

ドローンモードの場合、サイズはW222×H230×D53mm、重量は約150g。連続操縦時間は、ドローンモードなら8分、ホバークラフトモードなら16分となっている。対象年齢は8歳以上。なお、カメラは搭載していない。

【動画】体験会で行われたデモ飛行の様子

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 遊びながらプログラミング学習
(2) Airblockの安全性を考える
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事