【レポート】

ドスパラパーツ館が移転してリニューアルオープン - 開店記念セールには長蛇の列

 

既報の通り、ドスパラは23日に東京・秋葉原地区にあるPCショップ「ドスパラパーツ館」を、ドスパラ秋葉原別館に移転統合し、リニューアルした。これに合わせて23日と24日の2日間にわたって引っ越し記念セールを開催。開店前から長蛇の列ができるなど、大きな注目を集めていた。

移転リニューアルしたドスパラパーツ館

ドスパラパーツ館が移転したのは、ゲーミングデバイスを専門に扱っていたドスパラ秋葉原別館があった場所で、店舗は1階から3階までのフロアで構成され、1階はマザーボードやCPU、メモリ、SSD、HDD、OSなど、2階はグラフィックスカードや電源、PCケース、冷却パーツなど、3階は液晶ディスプレイやケーブル類といったサプライに加えて、上海問屋の製品も取り扱う。

1階(マザーボード/CPU/メモリ/ストレージなど)

1階はマザーボードを中心としたフロア

マザーボードが所狭しと並べられている。売り場面積的には以前のパーツ館より小さくなっているが、陳列をコンパクトかつ効率的にすることで取り扱う点数はほぼかわらないという

パーツの価格を表示するディスプレイも大きく見やすいものに

レジ裏にはCPUの取り扱い

ストレージやOSも1階で取り扱う

2階(グラフィックスカード/冷却パーツ/PCケースなど)

2階はグラフィックスカードがメイン

冷却パーツやPCケースも2階フロアだ

3階(ケーブル関連のサプライ/上海問屋)

3階は上海問屋ブランドの製品が並ぶ。デジタル系の製品に限らず、変わり種のものも多い

ケーブル関連のサプライやカメラ系の周辺機器もそろえる

これまでドスパラ秋葉原別館で取り扱っていたゲーミングデバイスは、ゲーミングPC関連のショールーム「GALLERIA Lounge」で販売するという。また、合わせてドスパラ秋葉原本館もリニューアルし、1Fで中古品やBTO製品、「上海問屋」製品を取り扱うほか、6Fに中古買取・製品サポートセンターが新設される。

開店前の店頭には引っ越し記念セールの特価品を求めて、長蛇の列が形成。新ドスパラパーツ館の前だけでは列を収容しきれずに、ドスパラ秋葉原本館付近にも列を作るほどで、11時15分の開店後もしばらく入場規制がかかる状態続いていた。このほか、店舗ではガラポン抽選会やタイムセールなども予定している。

開店前の店頭には早くも列が形成。店の前だけでなく、脇の細い路地にも列を作るがそれでも足りないという状況

少しは離れたドスパラ秋葉原本店の方でも列を作っていた

開店後はしばらく入場規制がかかっていた

セールは24日まで開催

セール以外にもガラポン抽選会なども実施する

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー